ぺんぎんメモ

sponsored link

あるもので工夫しながら暮らす ― 国内産業を保護する重要性

time 2017/02/27

日本に住んでいると工夫の凝らされた便利な商品が多くあるため、必要以上に物を持ってしまいがちです。

素晴らしく品質が優れた品々を享受できるのはとても有難いことですが、だからと言ってあれもこれもと買ってしまうと、自宅には際限なく物が増えていってしまいます(笑)

確かに、石油によって作られた製品は軽くて便利で、現代社会には欠かせない物である場合が多いです。そして、そうした購買が経済を活性化していることもまた事実です。

が、そうした製品の輸入先はどこかといえば海外です。石油製品だけでなく、現在、食品を含めて日本に流通している多くの物が海外産になっています。これは恐ろしいことだと思います。

なぜなら、海に囲まれた日本では海外から物が入って来なくなったら、あっという間に生活できなくなる可能性が高いからです。資源も国土もない国にとって、交易が経済網・命綱となっていることはハイリスク。

特に現状は食料自給率が低く、国内の農業は衰退の一途を辿っています。約100年前まではお米は、お金の代わりとして国を支えていたにも関わらず、今多くの農地は公共事業に引っかかり売れるのを待っている状態です。

とはいえそうした状況を作りだした大半の原因は、消費者・農民でなく政府です。減反政策を行うと同時に国内生産者を保護せず、諸外国の言い分を鵜呑みにして日本国内農業を壊滅的状態に追いやってきました。

農業におけるそうした状況と類似の状況が、他の分野でも目立ちます。このまま国内産業を保護しないまま突き進めば、近い将来多くの庶民が苦しむことになります。

政府は、既得権益的に癒着してきた企業や分野を保護するのではなく、庶民の将来生活をきちんと考えた企業や分野を保護すべきです。「医・色・銃」から「衣・食・住」への基本回帰をお願いしたいところです。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らしの30代。日常、旅、価値観の記録。移住、早期リタイア を目標に生活中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link