ぺんぎんメモ

自分がいいと思ったものを大事にするには「自分に力が必要」

time 2017/03/30

村上春樹さんの本の挿絵を描いていらした、安西水丸さん。村上春樹さんのエッセーを読んだことのある人なら知っていると思いますが、ほのぼのするというか親しみを持てるというか、そんな挿絵の感じが好きでした。

その安西さんが生前ある本の中で「自分がいいと思ったものを大事にするためには、自分に力を付ける必要がある」と話されていました。

何を見てもそれから何も感じられないのは自分に力がないということ、有名な芸術品でなくても自分がいいと思えるものがあったらそれは自分に力がある状態といえるのだそうです。

世界的に有名で素晴らしい絵画でも、自分には価値が分からないと思うことは多々あります。しかし、それ以外のもので「素敵だな、素晴らしいな」と自分が思えるものがあったら、そちらの方が価値があり大切にすべきものだそう。

ある人の良さが分かる人と分からない人がいるのも、それと少し似た感覚かもしれないなと思いました。その人の良さが分かる人はその人の良さが分かる力があるからそう思うのであり、分からない人には良さを分かる力がないからそう思うという感じ。

どちらが良い・悪いのではなく、様々な性質の中で何を優先するかという価値観の違いからくるのでしょうね。今後も、「いいな、素敵だな、素晴らしいな」と思えるものを大切にして生き続けたいです。

       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済を目指しながら、旅、食、自然、心理、(セミ)リタイア、移住など追求して自由に暮らしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]