ぺんぎんメモ

毎日湯船につかることができる幸せ

time 2017/03/16

日本には湯船に浸かる習慣があり、毎日湯船に浸かる人も多いかと思います。ただ、忙しくて湯船に浸かる時間自体をつくれなかったり、疲労困憊であったり(湯船につかるのは結構体力が要る)すると、ついついシャワーになってしまいがちです。

また、湯船に浸かるとシャワーで済ますよりもガス・水道料金が余計にかかるため、節約のために避けている場合もあるかもしれません。結局、時間・体力・お金全ての面で余裕があれば、毎日湯船に浸かれるのでしょうね。

幼少期は大家族だったので湯船に浸かるのが何かと億劫で、家族の中でいつも最後に入ってよく睡眠不足になっていました。あと、長子らしく?家計事情にも敏感だったので遠慮していた面もあったと思います。

今はお金はともかく、時間・体力には余裕があるので、暑い時期以外は毎日湯船に浸かれています。お風呂文化の無い国からは「毎日湯船に浸かるなんて異常」「水の無駄遣い」等と言われることがあるようですが、習慣として根付く文化なので仕方ありません。

逆に日本には、石油や天然ガス、鉱物などの資源がなくそれらに関しては無駄遣いできないので、水くらいは潤沢に使ったっていいじゃないかと思います。なかなか時間が取れない日もありますが、今後も可能な限り湯船に浸かりながら体を労わり続けたいものです。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備している雑草ブログです。社会環境への言いたい放題、安全な食、倹約、旅など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]