自分が好きなことなら、啓発されなくてもやる気になる

自己啓発本や自己啓発セミナーが流行って久しいですが、学生時代や社会人初期は私もそれらの本をよく読んでいました。為になったことも多々ありましたが、組織に属してサラリーマンとして生きる限りはあまり意味がないのかも?と近年は思うようになっています。

それは、自分が好きなことであればわざわざ啓発されなくても、自発的・主体的・積極的に取り組んでやり続ける場合がほとんどだからです。

自己啓発本を買ったり自己啓発セミナーに出たりしていると、周囲の人々とは違って意識が高い人間になれたような気がしてきます。もちろん実際に意識が高い人も多いのですが、行動に移す人は限られていて、無理して意識を高めても自発的なものでなければ長続きしないのかなと感じています。

何度かそんなセミナーに参加したのですが、多くが宗教じみていて???な雰囲気であることが多く、徐々にこれは何かおかしいと思って行くのを止めたことが多くありました(もちろんそうでないまともな会社のセミナーもありましたが)。

そうしたまともでない自己啓発セミナーの恐ろしさは、料金を徴収するだけでなく、やめる際にもセミナー会社を納得させるだけの理由が必要だったこと。きっと私がやめることで、上層部から担当者に対してキツい対処があるのだろう、と今となっては想像できますが。

そうした経験から得た教訓の1つは「簡単に脱退させない組織は危険」ということ。そんな風に、自己啓発セミナーを隠れ蓑にして危険なビジネスを運営する会社は多いんでしょうけどね。

もちろん人生の選択肢は多い方が良いと思うので、「こんな道もあるよ」と教えてくれるものなら大歓迎です。

が、そうでない宗教じみた自己啓発本や自己啓発セミナーは、結局のところ精神論や根性論に行き着く場合が多いので、有害なものだと思っています。

コメント