ぺんぎんメモ

「南無阿弥陀仏」と唱えて虫退治を正当化

time 2017/07/11

最近、とても小さな虫が室内を飛び回っていることがあります。ハエでもなく蚊でもない人畜無害っぽい、小さな虫。

窓を開けて網戸にしているせいなのか、排水溝や換気扇から侵入してくるのか原因は不明ですが、日々室内を飛んでいます。

その小さな虫のマイナスポイントは、

  • 私の腕や足に近付いてきてかゆい!
  • 食事中、料理に近付いてきて不衛生!
  • 就寝中も何だか落ち着かない!

という訳で、あまり好きではないので強制逝去していただいています。そうやって毎日コツコツ仕留めていますが、全く減る様子がない…

仕留める際、申し訳ないという気持ちを抱えながら唱える言葉があります。それは「南無阿弥陀仏」。特定の宗教は信仰していませんが、なぜか虫を強制逝去させる際に唱えてしまうこの言葉。

人間の身勝手かもしれませんが、外見が可愛い虫は住居侵入しても優しく逃がしてやり、そうでない虫は葬る習慣が根付いてしまっています。

そんな自分の行動を正当化する言葉として、「南無阿弥陀仏」を使って良いのか不明ですが仕方がないと言い聞かせています。

       




アーカイブ

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済をめざしながら、旅、食、リタイア、(海外)移住、晴耕雨読生活を追い求めてふらふら生きています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]