「那須雪崩事故」は人災 ー 子どもの命を無駄にする大人の判断

27日(2017年3月)午前8時半ごろ、栃木県那須町の町営「那須温泉ファミリースキー場」で雪崩が発生し、登山訓練中の栃木県内の高校生7人と引率教員1人の8人が亡くなった。

現場付近は27日未明から雪が激しく降り、大雪・雪崩注意報が出されていた。固まった雪の上に積もった新雪が崩れ滑る表象雪崩と見られている。

訓練は県立6校、私立高1校の生徒46人と引率教員9人の計55人が参加していた。25日からの3日間の日程で27日は登山の予定だったが、積雪が急激に増え朝6時に24センチ、8時には31センチに上った。

このため、登山を中止、雪をかき分けて歩くラッセル訓練に変更した。だが、最初に現場に駆け付けた那須山岳救助隊の渡部逸郎副隊長は「きょうの雪であんなところに行くのは間違っている」と語った。

スポーツ庁は昨年、高校生は原則として冬山登山は行わないよう通知している。

訓練にはベテラン顧問が同行していた。栃木県高等学校体育連盟の橋本健一会長は「(引率した教員たちは)安全教育をしたいという使命感のもとで判断したと思う」と語り、教育委員会の宇田貞夫教育長は「スキー場でのラッセルの練習なので、まさか雪崩に巻き込まれるとはという思いがあったのでは」と話す。

司会の羽鳥慎一「大変な事故になりました。なぜ中止されなかったのでしょうか」

玉川徹(朝日テレビディレクター)「大人であれば、自己責任もあるが、教育の一環だから少しでも危険があったら、してはいけないと思う」

菅野朋子(弁護士)「国としても高校生の冬山登山はしないよう通知していますし、雪崩注意報が出ていました。雪崩が起きる予見可能性があったかが焦点になりますが、判断ミスという可能性が相当出てくると思います」

警察は業務上過失致死傷容疑で捜査している。

(JCASTテレビウォッチ)

この事故を見て思い出したのが、1902年に起きた「八甲田雪中行軍遭難事件」。

軍事訓練にもかかわらず、組織トップの高すぎるプライドが邪魔をし、甘い判断を繰り返した結果、約200人の被害を出してしまった事件です。

もちろん今回起こった那須雪崩事故と比較はできませんが、今回の事故が起きてしまった背景には、100年以上経った今でも日本社会が個人の命よりも社会的都合を優先している現実があるのではと思いました。

確か、東日本大震災の津波の際にも、同じように教師の判断で多くの小学生の命が奪われたことがありましたが、今回の事故もその時と似ている気がします。

もっと言えば、70年前に起きた戦争とも似ています。権力者が弱者の命を粗末に扱う構図が…

結局、戦時中の思想を反省していないから根本的な部分が変わっておらず、根底が変わらないから繰り返し悲惨な事故が起こってしまうのだと思います。

こうした悲惨な事故を二度と繰り返さないために、人の命を大切に扱うというところから、社会全体が変わる必要があると思います。