ぺんぎんメモ

悩む時間があるから悩む

time 2017/11/24

10代の頃、個人経営の居酒屋でアルバイトをしていたのですが、そこの女性店主からは色々なことを学びました。

その1つが「悩む時間があるから悩む」ということ。

店主は元々20代でコンパニオンクラブを設立・経営し、何千人もの女の子を雇用しながら3人の子どもを育ててきた女性。従業員と従業員の家族を背負いながら、子どもを3人育ててきた凄腕女性経営者です。

私が出会ったときは居酒屋を経営していましたが、私が辞めると同時にそのお店もたたみ、その後はお掃除屋さんをやっていると聞きました。

当時は経営者として働くかたわらお母様の介護までされていましたから、20年以上多忙な日々を送られてきたことが想像できます。

そんな店主があるとき放った冒頭の一言は、当時10代だった私には強烈でした。そういえば、芥川龍之介さんも似たようなことを仰っていましたね。

科学的な発展が乏しかった数十年以上前に比べると、現代は確かにアレコレと悩む時間は確保しやすいのかもしれません。

ただ、身体を使うよりも頭を使うことを求められる現代においては、数十年前とは比較できない大変さ・辛さもあると思います。ゆえに、いくら忙しくても頭を使って考える必要が出てくるわけで、その中で悩んだりする時間も持たざる得ない気がします。

とはいえ、悩む時間も持てないほど忙しければ悩まない、という考えはある意味真理だとも思っています。

       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済を目指しながら、旅、食、自然、心理、(セミ)リタイア、移住など追求して自由に暮らしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]