ぺんぎんメモ

睡眠薬を飲み続けると身体に溜まって危ないのか

time 2018/09/09

最近読んだ本に、「睡眠薬は体に溜まる」という記載があったのですがこれは真実なのか気になっています。さらに「溜まった睡眠薬が致タヒ量に達すると亡くなる」旨も…それって常識なのかな?

以前、知り合いにも睡眠薬を飲んでいる人が数人いましたが、その1人は社長で立場的に神経が休まることがないから寝るために必要なんだろうな、と思った覚えがあります。まあ社長だからって皆が飲んでる訳ではないでしょうが…

幼少期から気になっているのが、摂取した化学薬品はその後どうなるのかということ。溶けて身体に吸収された後、不要なものは排出されるのかどうなのか。不要だと体が判断できるものだと排出されるのでしょうか?

西洋医学の化学薬品で救われる命もあればそうでない場合もあり、東洋医学の漢方薬も同様でしょう。その両方を使うことが増えている昨今ですが、化学肥料、農薬、放射性物質のように、一旦体内に入ってしまうと排出困難なものもありますからちょっと心配です。

特に、大金が動く対象はそれを巡るビジネスが利権となっていて、不要になった後も販売し続ける流れが止まりません…利権は人権を上回りますから。そんな訳で、辛抱できる体調不良であればできる限り、今後も薬を飲まない姿勢を貫いていきたいものです。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備しているブログです。社会環境への言いたい放題、旅、食事など実体験を踏まえてお届けします。基本的に自由で、科学的かどうかは重視していません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]