ぺんぎんメモ

脳の疲労は会話を不可能にする

time 2018/12/29

10代の頃強く思っていたこと。それは、何らかの理由によって脳が強いストレスを受け疲れてしまうと、誰とも会話をしたくなくなる(できなくなる)ということです。

当時、慢性的な睡眠不足や過酷な部活動、勉強面での暗記に脳が疲れ切っていたのか?貧血気味だったのか?不明ですが、部活動仲間と一緒に自転車で夜間帰宅中、会話をするのがかなりしんどかったのを覚えています。

できれば1人で帰りたかったのですが、女性は群れるのが好きな人が多いですし、田舎なので自宅が近かったり帰る方向が同じだったりすれば、別々に帰ることは不自然とみなされます…ゆえに、周囲に同調する形で(半強制的に)誰かと帰宅する羽目になっていました。

が、それが辛いのなんの…ただでさえ疲れ果てているのに、 山に囲まれた地域なので上り坂も多く、会話するだけの脳力?は残っていません。部活仲間には申し訳なかったのですが、たぶん会話になっていなかったと思います。的外れな返答ばかりで…

人間の脳は大半が使われないままといいますが、人によって使う部分・比率などが違うそうなので、私の脳の使い方は会話が不向きとなる使い方なのかもしれません。もしかすると、不向きなことばかりかもしれませんが…

最近、「現代人は脳が疲れやすい」旨の内容を新書やネット記事で読んだのですが、もしそれが本当だとしたら、元々脳が疲れやすい私はさらに脳が疲れてしまい、いち早く認知症になってしまうかも…若年性のものとか。

親族は脳の病にかかる人が多いので、遺伝的に私もそうなる可能性が高そう…とはいえ、脳を使わなければそれはそれで認知症になるというので、ちょうどいい脳の使い方って難しいなぁと最近よく思います。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備している雑草ブログです。社会環境への言いたい放題、安全な食、倹約、旅など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]