幼少期に基本的欲求を満たせない原因は、人権無視の社会環境にある気がする

個人的に信じている「マズローの5段階欲求説」によると、人間の欲求には5段階あり、1段目の欲求を満たせなければ、その上の欲求を満たせないことになっています。

1段目は生理的欲求、2段目は安全の欲求で、この2つは基本的欲求であるとされており、食事や排泄などが満たされ、生命の危険がない場所での生活が満たされることを意味します。

3段目は社会的な欲求で、これは社会と繋がって認められたいという欲求で、4段目は尊厳の欲求、5段目が自己実現欲求となります。

さらに、マズローは晩年、6段目に、目的の達成だけを純粋に求める自己超越欲求も発表しています。

この学説に基づくと、1段目や2段目の基本的欲求を満たせなければ、その上にある欲求も満たせないため、戦時中~戦後に生まれた人々の中には、そうした生理的欲求や安全欲求を満たせずに過ごした人も多かったかもしれません。

ただ、「生命の危険がない場所における生活」を求める安全欲求は、戦争や紛争、自然災害などの物理的な危険以外に、幼少期に何らかの理由で、親から守ってもらえない・十分な愛情を得られないという精神的な危険があった場合にも、満たされないケースがある気がします。

精神的な自由が著しく不足していたとか…

そう考えると、幼少期に生理的欲求や安全欲求などの基本的欲求が満たされなかった場合、それを追い求めるために生涯を費やすことも考えられるわけです。

現代は物質的には豊かになりながらも、人権無視で成り立っている部分も多く、そこには前述した基本的欲求(基本的自由)さえ満たせない環境も、わりと存在しているのではないかと思います。

それは、経済的に豊かになる過程で犠牲にしてきたものが多すぎるのか?島国根性で閉鎖的村社会から脱却できないからか?科学技術の発達や社会の流れに人がついていけていないからか?諸外国から表面的な視点でしか学んでこなかったからか?その全てが原因なのか?不明です。

どうにせよ、そんな日本の社会環境に、マズローの提唱する基本的欲求を満たせない原因が存在しているのは確か。社会構造自体に問題があるのかもしれませんが…

安全欲求が満たされれば、その上の欲求である社会的欲求や尊厳欲求、自己実現欲求へと欲求も自然と移っていくはず。

人権無視の日本社会ではなかなか実現しにくい欲求かもしれませんが、満たせる社会環境、社会構造になってほしいと思っています。