ぺんぎんメモ

歳を重ねるごとに時間が経つのが遅くなる感覚の正体

time 2019/02/18

時間の感じ方において大半の人は、歳を重ねるごとに速くなるようで、これまで出会った年上の方々はだいたいそのように仰っていました。

が、私が10代、20代、30代を過ぎて感じるのは、歳を重ねるごとに時間の流れがゆっくりになっていること。

10代の頃は常に時間に追われていて、時間が足りなかった記憶があります。毎朝・毎晩カレンダーを見て予定を確認しながら、「もう○月か」と思っていたものです。今考えると変ですが……当時はそれが当たり前でした。学校が休みでも何かしらの予定が入っていたし、ストレスも異常に溜まっていました。

20代もやっぱり時間に追われていましたが、10代よりはマシになったと思います。実家を出て生活リズムが変化したことが大きかったかもしれません。その後転職を繰り返すうちに、徐々に時間に追われる感覚が薄れていきました。そして30代になり一層、時間感覚がゆっくりになったと思います。

そんな「歳を重ねるごとに時間が経つのが遅くなる」という感覚は変なのかもしれませんが、変な生き方をしてきてしまったので仕方ないのかもしれません…

生きていることは生きているけれど、心底没頭する極めたい対象がないので、違和感のようなもどかしいような感覚があります。

仮に子どもを産んで育てていたなら、「歳を重ねるごとに時間が経つのが速い」と感じていたはずです。また、そうではなくても、今後もしかすると時間が経つのを早く感じる時がくるかもしれません。

葉祥明氏の言葉に、

それが好きで面白く

自分に合って楽しくやれる

そんな仕事を真剣に見つけなさい

そうしてこそ自分の人生を

真に生きると言えるのです

というのがあって印象深いのですが、そんな仕事を何とか見つけて、時間を存分に使いながら真に生きたいと密かに思っています。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済を目指しながら、旅、食、自然、心理、(セミ)リタイア、海外移住など追求して自由に暮らしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]