ぺんぎんメモ

生まれ持った物差しが原因の人格障害…そこからの脱出

time 2019/02/20

人格障害では自己愛(自分を愛せない)の障害が根本にあって、それがために対人関係での基本的信頼感がうまく形成されず、さらに枝葉として多彩な症状が現れてくるといいます。

リストカッティングのような自傷行為、深い抑うつ感情、自らタヒを願う気持ち、反復される自分で自分の命を終わらせる企て、対人関係の不安定さ、人間不信、特定の人間への依存的しがみつき、衝動的・刹那的な言動、等々です。著者によると、

自分自身への「愛」がうまくいっていないということは、自分自身に対して「欲望」を向けた状態にあるとも言えます。「~でなければならない」というものを自分に押し付け、それに応じ切れない自分に制裁を加える。(p167)

というのです。本来は心から湧き上がる「~したい」という欲求に気付き、その欲求に基づいて自分なりの道を進めるのだと思います。

が、幼少期に何らかの原因で自己否定を行ってしまった結果、自分に対して「愛」ではなく「欲望」を向ける形となり、それが心からの欲求を自覚させない限界レベルにまで達した結果、人格障害を引き起こすことになったのではないか?と予想しています。もちろん「心」由来の深い感情を抑制した結果、「頭」由来の浅い感情しか意識できなくなったことも関係していると思います。

著者も述べているように、

自分自身を愛するということは、何も特別に訓練して獲得されるものではなく、生まれながらに出来ているはずのことです。それを、何かが歪めてしまっただけなのです。(p168)

これまでそうした人格障害の原因は、親の愛情不足が原因だと思ってきました。が、この本を読んで実はそれ以外の原因もあるのでは?と思えてきました…それが、

このような問題を抱えた人たちには、生まれつき感性が鋭敏で思考力が高い人が多い印象があります。(p170)

という独特の性質です。こうした性質は自分を愛しにくくするだけでなく、生きにくさを感じやすかったり、標準的な感性なら辛くは感じない出来事を辛く感じやすくしている可能性があると思います。

程度の差こそあれ、そんな風にして人格障害を抱えてしまった場合、その状態から脱するにはどうすればよいのでしょう…?著者は「愛」の自給自足を提案しています。

考え方としてまず間違ってはならないのは、先ほども説明したように「自分を愛する」ことは後天的に獲得されるものではなく、~中略~、生まれたときには問題なく出来ているものなのだというところです。

ですから、「愛されてこなかったんだから、不足分だけ愛してもらえなければ、自分はこの苦しみから抜け出せない」と思い込んで待ちの姿勢でいる人がありますが、外からもらえなければどうにもならないというのが間違った考え方なのです。しかも、このような場合に本人が「愛」として期待している内容とは、寸分違わずに自分を理解してもらい自分の希望通りに相手が応じてくれるイメージになっているものですが、それは明らかに肥大化した「欲望」と言うべき幻想です。

このような思い込みから覚めるために必要なのは、「愛」の自給自足を体現している存在に出会うことであり、そして自給自足を妨げている要素を丁寧に取り除く作業に着手することです。(p172~174)

他人が何とかしてくれるという受け身の姿勢である限り、問題の根本は何も解決しないのは何でも同じですね…自分の欲望を満たすために子どもやパートナー、友人を利用する人も同類だと思います。

そうやって現日本社会では、「愛」と「欲望」をはき違えながら生きている人は多そうですが、私自身もそういう面があると思っています…子どもはいないので害を与えるとしたら伴侶か親、友人くらいでしょうが、このままではよろしくないので、愛の自給自足ができるような環境に身を置かなければ…と既に疲れています。

今回は「生まれつき感性が鋭敏で思考力が高い」ことが原因で、人格障害になる可能性があることをご紹介しましたが、個人的には、親の気持ちに敏感な子どもほど人格障害を抱える可能性が高いと考えています。もちろん親の気持ちに敏感であっても、そこから影響を受けるかどうかは個人差があると思いますが、可能性は高いと思います。

「自他の区別」ができない=「自分がない」=主体性がない=やりたいことが分からないでも書いたように、自他の区別ができている人は大抵、成人後に親と適切な距離を保てている場合が多く、そうした人は人格障害にはなりにくいかと思います。

世の中で何の障害もない人はいませんが、自分自身、この性質が原因の人格障害は現代社会で生きるには厄介だと感じています…上手く付き合って生きていければいいですが、将来的にはどうなるかは分かりません。

ただ先程も述べたように、愛の自給自足ができる環境に身を置き、自分の心のあり方が変わらなければ、これから先もこの性質で苦しむことになるのは間違いなさそうです。

コメント

  • 人格障害は遺伝だから
    環境によって問題が大きくなったり小さく抑え込めたりするだけで
    後からなったり治ったりするものじゃない

    by deefe €2019年2月20日 8:03 AM

    • ということは日本人の大半に人格障害が表れているのは、日本人の遺伝子と日本の社会環境が原因ということなんですね

      by ぺんぎん €2019年2月20日 10:43 AM

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済を目指しながら、旅、食、自然、心理、(セミ)リタイア、海外移住など追求して自由に暮らしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]