ぺんぎんメモ

人間の成熟プロセスを知って、真の人生を生きる

time 2019/03/02

『「普通がいい」という病』という本の内容を、これまでしつこいほど繰り返しご紹介してきましたが、それもようやく今日で終わります(長々とお付き合いいただきありがとうございます)。

今回は著者が提唱する、螺旋階段を上るようなイメージで捉えやすい、「人間の変化成熟のダイナミクス」という項目を抜粋します。これは本書に出てきた言葉によって、著者が成熟過程における各状態を整理したものです。

 A.生まれたての状態。「本当の自分」のみだが、純粋でこわれやすい。「自分」という意識は未だない。

B.  徐々に社会適応のために神経症性や「偽りの自分」を身につけていく。しかし、時々窮屈さを感じた「本当の自分」が反発する。いわゆる反抗期。必死で「自分」を獲得しようとする。一人称を模索する。

C.反発の挫折と社会への屈服。「偽りの自分」に「本当の自分」が飼い馴らされる。社会適応が完成し、一人前の社会人になる。神経症性のピーク。「他者本位」。0人称。駱駝。

D.「本当の自分」が反逆を始めようと疼きはじめる。自分を見失ってしまったための苦悩が起こったり、心身の不調や、急に起こってしまう不適応などの形でシグナルが現れてくる。「他者本位」の行き詰まり。

E.「本当の自分」による革命動乱。溜め込まれていた怒りの噴出。一人称の実現。個人主義。「自己本位」。自力。獅子。

F.「自分」という一人称が消え、大いなる存在にゆだね、自然や偶然に身を開いていく。宗教的な意味での0人称。他力。小児。純粋さと強さの共存。創造的遊戯。

(p246、247)

従来の発達心理学などでは、Cがゴールであるような考え方だったそうですが、著者によればCは成熟過程であり、最終段階であるFから「第二の人生」を始めていくことが、真に生きることだと指摘しています。ただ現代社会では、Cで留まって人生を終える人が大半とのこと…

この分類を読んでいて、自分もA~Dを経てきたのかな?と過去のことを思い出しました。今後EやFへ進めるのかは分かりませんが、このままDで留まったりCへ戻ったりすることはできそうにないので、何とか道をこしらえて進みたいものです。

また、 そうやって仮にF状態へ進み、自分らしく生きられるようになると、主語である「自分」が消えて、天命とでも言うべき大きな力が自分を動かし、生かしていることに気付くとも著者は述べています。

個人的に、そうした宗教的な考え方には抵抗がありますが、科学的には証明できない不思議な体験を何度もすると、いやがおうでも目に見えない力を信じてしまうのと同様、F状態へ進むとそういう境地?に達するのかもしれません。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済を目指しながら、旅、食、自然、心理、(セミ)リタイア、海外移住など追求して自由に暮らしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]