使いきれずにたまっていくハンドクリームを見るのが好き

最近小物類を整理していたら、まとまった量のハンドクリームが出てきました。旅先で買った未使用品、使用頻度が高いもの、頂いたもの等様々ですが、基本あまり使わないので減りません。でも眺めていると所有欲に浸れるし(?)、どれも好みの香りなので乾燥してもいない肌に塗って満足しています(笑)

数年前まではニベアやロクシタン、ハウスオブローゼ、ボディショップなどで好きな香りを見つけては買っていましたが、そうやって1度試して満足すると、気に入ったもの以外は使わなくなり自然淘汰されていき…結果残ったのが写真のもの。

仕事に支障が出ないよう、自宅使用に限定していたら自然と疎遠になってしまい、酷いあかぎれができた時以外は使わなくなってしまいました。消費期限があるので、もはや購入時と同様の効果は見込めないものもあるでしょうが、好きな香りだし見ているだけで嬉しいから処分できない…

もともと脂分過多の私にとって、湿度の高い日本の生活ではハンドクリームを使う必要性はないのかもしれませんが、肌に塗っていると自分を労わっているような気持ちにもなれるので、場所を取らない程度には所有し続けたいものです。