ぺんぎんメモ

生きるために本は欠かせない

time 2017/01/09

自宅には300冊くらい本がありますが、狭くて頑丈そうでない我が家ではこれ以上増やすと、生活に支障が出て床が抜ける可能性があるため、これが限界だと感じています・・・。

ただ私にとって本は生きるために欠かせないものなので、優先順位を決めながら処分と購入を繰り返している感じです。

世の中には無数の本があって、気づき、価値観、力、助言などを与えてくれます。これまで本には数えきれないほど助けられてきましたが、苦しいときに支えてくれた・助けてくれた本はずっと持ち続けています。

エネルギーチャージするための睡眠や食事、旅行同様、読書も自分を見失わないために・自分と向き合うために不可欠なものです。

ネットや本屋さんで読みたい・興味のある本を手に入れて、それを自宅で時間を気にせず読む生活ができたら最高だなぁと時々考えています。ただ、そんな風に本を買うにはそれだけ財力も必要なので、しっかり稼いで自分が読みたい本を好きなだけ読める環境を構築したいものです。

       




アーカイブ

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済をめざしながら、旅、食、リタイア、(海外)移住、晴耕雨読生活を追い求めてふらふら生きています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]