ぺんぎんメモ

対立を恐れる人は「自立」していない

time 2017/02/01

自立していない人は、他人と対立したときに対処する術を持っていないそうです。

それゆえ、日頃から嫌われること・対立を恐れて生活し、嫌われたくない・良く思われたい等という目先のことしか考えず、対決すべき場面でも対決を避けることが多くあるといいます。

対決するということは解決する手段であるにも関わらず、対立や対決を恐れてしまうのです。

対立すべき相手に服従してしまう

しかしながら、対立や嫌われることを恐れていると、徐々に周囲への服従が当たり前になっていきます。でも、服従していても恐れは消えることがなく、むしろ服従することにより相手から支配される場合もあります。

そして、服従する相手に対して心理的に依存するようになり、相手にどんな理不尽なことをされても拒否できなくなってしまうのです。

自立してない人にとって、嫌われることや対決・対立は大量のエネルギーを消耗します。時には、対決する前からエネルギーを消耗していることさえあります。

過去の経験から対立や対決を恐れてきた

それは、幼少期から嫌われることを恐れ、対立・対決を恐れて生きてきたからです。

幼少期から劣悪な人間環境で育った場合、嫌われることや対決・対立を酷く恐れる習慣が付き、年を重ねてからもそれらを避けてしまうような癖が付いてしまうのだそうです。私もそうでした。

特に自分の立場が弱い場合は、立場の強い相手に嫌われるのが怖くなり、嫌われないように、対立や対決をしないようにしていたのです。それは、社会に出てからも一定期間続き、自ら劣悪な相手から支配される人間関係を築いていたように思います。

対立や対決を恐れず戦う

しかし、いつまでも対決や対立を恐れていては自立はできません。

自分のためだけでなく自分以外に守るべき存在ができれば、戦う必要が出てきます。戦わなければ、自分も大切な人も守れないからです。

身近な場面からでも、対決や対立を恐れずに生きていけば、徐々に強くなり自立へ近づいていきます。

辛くても苦しくてもしんどくても、1日1日戦っていれば自立した自分になれる日がきます。

自立し自分が自分を信頼できるようになれば、嫌われることや対立・対決を恐れることや、劣悪な人間に支配されることも徐々になくなってくると思います。

自立すると付き合う人間も変わってくる

自分の弱さと戦って強くなり自立するということは、ものすごい量のエネルギーを消耗します。それは、無意識の間に過去の辛く苦しい経験に、1つ1つ向き合っているからなのでしょう。

けれども、それを乗り越えて真に強くなり自立することができれば、それまでの自分とは全く違う人間になるだけでなく、付き合う人間も、目に入ってくる景色も変わってきます。

せっかく生きているのだから、好きな人生を歩みたい訳です。でも、戦わなければ、利用され・搾取される社会も、この世には数多く存在します

ゆえに、過去戦う気持ちを削り取られていた時期もありましたが、今は自分と自分の大切な人を守るために毎日戦い続ける日々です。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備しているブログです。社会環境への言いたい放題、旅、食事など実体験を踏まえてお届けします。基本的に自由で、科学的かどうかは重視していません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]