ぺんぎんメモ

固定種・在来種での無農薬野菜は激減し、おかしな野菜が増えている

time 2017/02/12

数年ぶりに再会した方から、ご家族が作っておられるという無農薬野菜を頂きました。普段、野菜は近所の農産物直売所で買っていますが、農薬を使っているものが多いので、こうして無農薬野菜を頂けるのは貴重なことです。

日本では土地柄、無農薬野菜をつくるのはかなり大変だとききます。ゆえに、現在の主流は従来より手軽に均質性の摂れた野菜が大量収穫できるF1種子となっています。ただこのF1種子は1度収穫すればそれで終わりで、また買わないと作物が作れない種子であるため農家の負担は大きく、さらに安全性にも疑問が残ります。

また、生産地の問題点を解消した生産が可能な遺伝子組み換え野菜も増えてきていますが、他の遺伝子組み換え食品がそうであるように、健康被害をもたらす危険がある野菜です。

こうして日本各地には無農薬かどうかだけでなく、固定種・在来種かどうかも危ぶまれる状況があり、野菜だけでなく多くの農作物に広がっているのです。

果たして今の日本に、固定種・在来種から無農薬で農作物を作っておられる方が、どれくらいいらっしゃるのか・・・それを考えると早く移住して、自分自身がその担い手になりたいと思ってしまいます。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備しているブログです。社会環境への言いたい放題、旅、食事など実体験を踏まえてお届けします。科学的かどうかは重視していません。基本的に自由です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]