自分を愛する程度にしか他人を愛することはできない

F・フロム-ライヒマンの『人間関係の病理学』(早坂泰次郎訳著)という本の中に、「人は自分を愛する程度に応じてのみ、他人を愛しうるのである」という一文を見つけました。

これはつまり、自分を愛することができない人は他人を愛することもできない、ということですよね。

さらに言えば、例え愛せたとしても自分を少しだけしか愛せない場合は、他人も少しだけしか愛せないということになります。

ということは、「自分の〇〇は好きだけど〇〇は嫌い」と部分的にしか自分を愛せない場合、相手のことも部分的にしか愛せない可能性があるわけです…

ちなみに、好きになることは、主観的で自分勝手な気持ちが大部分を占めます。

一方で、愛することは、客観的で相手を思いやったり、大切にしたいと思ったり、慈しんだり相手の気持ちを推しはかろうとしたりする気持ちが大部分を占めます。

となると、例え相手を好きでも、自分を愛せない人は相手のことを愛せず、相手に自分勝手な気持ちを押し付ける可能性が高くなるのです。

またこの本には、「人は自分を尊敬する程度に応じてのみ、他人を尊敬することができる」とも書いてありました。

ということは、自尊心が低い人間は他人を尊敬しにくいということになります…

もし、自尊心が低い人間ばかりの社会で育つとどうなるのかを想像すると…

おそらく相手の価値観を尊重せず、他人を見下しながら生きる人間になるのではと思います。

自尊心の低い社会では、尊重という概念はない気がしていて、権力者の価値観は受け入れる、そうではない者の価値観は見下すなど、自分から見て、上か下かでしか判断しない傾向が強い気がします。

日本がそうだとは思いたくないですが、イジメやじさつしゃや社会的排斥が一向に減らない現状を見ると、どうしてもそう思えてしまいます。