ぺんぎんメモ

sponsored link

「テレビ」は観ない「大手新聞」は読まない

time 2016/12/11

1人暮らしをしていた12年間、自宅にはテレビを置かなかったため、テレビを観ない生活を送っていました。

現在は結婚し、夫がテレビを観るために自宅に置いてありますが、私自身は野球中継以外に観ることはありません。

 

自宅にテレビが無くても

以前は自宅にテレビがないと言うと驚かれたものですが、最近では同様の人も増えてきているため、それほど驚かれなくなりました。

その主な理由は、テレビがなくても情報を手に入れる手段として、インターネットがあるためだと思います。

さらに、テレビ番組の質が低いことや、テレビで発信される情報が必ずしも正しいとは限らないからだと思っています。

 

テレビは洗脳道具

私がテレビを観ない1番の理由洗脳されないためです。

人は、視覚から入ってくる情報に、多大な影響を受けています。

視覚は、人が外的環境を感知するために持っている五感の1つですが、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の中で、最も脳に影響力があるものです。

そのため、テレビを観ることは脳に多大な影響を及ぼし、テレビを観ることが習慣化すると、脳がテレビ内の情報を必要な情報として認識するようになり、例えその内容が間違っていても、脳内では正しい情報として認識するようにになっていってしまいます。

テレビには絶大な宣伝効果がありますが、それゆえに、日本人に共通認識を生み出すために利用されていたり、他人に同調する価値観を植え付けたり等々、支配層が一般人を搾取するための都合のよい道具として使われている可能性が高いのです。

 

新聞も洗脳道具

同様の理由で、大手新聞も読まなくなりました。

数年前までは職業柄、日経や朝日、読売、日経MJなどを読んでいましたが、掲載情報に偏りがあることを実感して以降、一切読まなくなりました。時々読むのは、一部の地方紙のみです。

日本には、テレビや大手新聞等のマスメディアによる洗脳によって、他者から植え付けられた価値観や目標に縛られながら生きている人がかなり多くいます。

そして、そんな状況を後押ししてきたのは、親であり、友人であり、教師であり、上司であり、会社であり、大手メディアです。

 

画一的な価値観に染まらない

以前は仕事一筋だった私も、そんな社会の価値観から離れてみて、最近やっと考え方が変わってきました。画一的な価値観に染まっているほうが居心地良く感じる社会もあるんですよね…。

でも、今は誰に何と言われようと、やりたいことをやって生きようと思えます。

大手メディアから流れてくる情報の多くは流す組織に都合の良い情報だけで、本当に必要な情報は少ないです。

それらの情報は、社会を支配している組織や人々にとって都合のよい状況を生み出すために利用されています。

そう実感すると、もはや大手メディアが勝手に流す情報には価値を感じず、自ら得た情報しか興味が沸かなくなってきます。

そんな訳で、今後も大手メディアからではなく、世界各国メディアを含む様々なメディアから情報を得て生活していこうと思っています。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。