香港で買った「百合油」の効能がすごい

数年前に香港で購入した「百合油(リリーオイル)」。

ずっとしまっていたのですが、最近また使い始めました。

百合油は香港人にとって身近な薬のような存在で、どんな不調でもこの百合油で治そうとするようです。

その理由は効能が幅広いこともありますが、香港では日本のように国民皆保険制度がないため、病気にならないように・なっても悪化しないようにするためだそうです。

主な効能は、風邪(ボールにお湯を張り5滴くらい垂らしてから蒸気を吸い込む)、流行性感冒、鼻詰まり、神経痛、関節やふしぶしの痛み、ひきつけ、ぜんそく、関節炎、打撲傷、歯痛、咳(ボールにお湯を張り5滴くらい垂らしてから蒸気を吸い込む)、痰、肩こり、筋肉痛、乗り物酔い、ヤケド、虫さされ、ハレと幅広いです。

風邪や咳以外は、必要に応じて患部に適量を塗布し、擦り込むと良いようです。

上記効能だけでなく、百合油は5種類の成分(ラベンダー、ユーカリ、キャンファー、ミント、ウインターグリーン)を含んだ漢方アロマオイルであり、リラックス効果も望めるとのこと。

湿布のような香りがあるため、口や鼻付近に使うには抵抗がありますが、肩こりや虫さされ、筋肉痛などにはよく効くので助かっています。最近では、重いものを持って生じた腕の筋肉痛に、お風呂あがりに塗ったら一晩で治りました。

そんな効果抜群の百合油ですが、香りが強いので外出時に使うには勇気がいる品かもしれません。

日本でも買えるようですが、売り切れとなっていることが多いようなので、もし香港に行くことがあったら買ってみてください(HK$22=約300円)。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
生活良品
ぺんぎんメモ