可愛い東海道五十三次すごろく

そういえば、新年の『ふじさわ広報』に「歌ふ弥次喜多双六」(うたうやじきたすごろく)が載っていました。愛らしいすごろくだったのでご紹介。

「歌ふ弥次喜多双六」は、1936年に制作された映画「歌ふ弥次喜多」の公開に合わせて発行されたもので、映画の主人公の似顔絵が描かれているそうです。

すごろくは浮世絵文化が花開いた江戸時代に、さまざまな種類のものが作られたそうで、東海道五十三次を進む「道中双六」や現在の人生ゲームのような「出世双六」などが人気だったらしい。

今はすごろくをすることもなくなりましたが、このすごろく絵を見ていると人生ゲームで遊んでいた頃を思い出します。ちょっとホコホコする絵に懐かしさを覚えたので、新年を随分すぎた時期ですが載せてみました。