PAUL(ポール)はハード系パンの種類が豊富で美味しい

先日、町田へ行く用事があり、JR町田駅改札前にあるPAULで「GW限定セット」(1,150円)を購入してきました。

ここ1週間ほどお腹の調子が良くなく体重が異常に減少しているので、意識的に高カロリー食品を摂取しています。

PAULで買ったことがあるのはフランスパンサンドウィッチかクロワッサンで、こんなセットを買うのは初めて。

紙袋の中には6点入っていましたが、こんなにたくさんの小麦粉を食べることに不安も……じゃぁ何で買ったんだ?という声が聞こえてきそうですが。

セット内容は、クイニー・アマンなどの甘いパン3点と、フランスパンなどの食事パン3点。

とりあえずジップロックへ入れて冷凍保存。その後少しずつ食べていますが、どれも美味しい!でもやっぱり、フランスパンのツナサンドウィッチが1番好きです♪

PAULのパンは本場フランスにある店舗とほぼ同じに作られていて、

  • ハードパン系は、小麦(フランス産)、塩(セル・ブランジェリ)、水(コントレックス)を使用し、低温長時間発酵を基本とした製法で丁寧に焼き上げたもの
  • クロワッサンやクイニーアマンなどのデニッシュ系は、すべてフランス直輸入の生地を使用
  • エクレアやミルフィーユなどのケーキ系は、本場フランスのレシピのまま

なのだそうです。

そのためか、PAULのパンを買った後は幸せな気分が続きます♪ パンは小麦粉なので体には良くありませんが、食欲減退中に限っては有効かもしれません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
食良品
ぺんぎんメモ