ぺんぎんメモ

忙しいと強気でいられる

time 2017/08/13

都内在住時、家賃が安い賃貸マンションに住んでいた時期がありました。当時は忙しくて職場に近くて家賃が安ければよかったので、物件も適当に選んで入居。

駅から近くて生活にも便利な場所にあったのですが、今考えるとかなりヤバいマンションでした…そこに住んでいたのは約1年でしたが、あんなにたくさんの事件が起きるとは思いませんでした。

まず、入居してすぐに洗濯機の排水が下階に漏れて、膨大な損害賠償金額を請求されたこと。ただ修理業者が「洗濯機設置場所の工事がきちんとされていなかったことが原因」と管理会社に伝えてくれたおかげで、その賠償金は管理会社が負担してくれることになりましたが。

が、今思えば一部の住民と管理会社がグルで、安い賃料で新規入居者を招き入れては、新規入居者に無実の罪をふっかけて法外な金額を取っていたのでは?と思います(予想)。

ただ、その管理会社に賠償金を負担してもらうまでの交渉が大変なものでした。その管理会社(たぶん黒い)から何度も脅しのような?電話がかかってきたからです…でもひるまずに強気に対応したおかげで、なんとか無実の罪を擦り付けられずに済みました。

今考えても、忙しすぎる時期だから強気に出られたんだろうなと思います。たぶん、相手は若い女だと思ってナメていたんでしょうね…

もともと低い声の私ですが、忙しすぎるとドスの効いた声になるので(他人比)、上手く交渉を乗り切れました。でも一筋縄でいかない相手ってかなり怖かったですが…

ちなみに忙しすぎる時期って、普段ならひるんでしまうような物事に対しても、それ以上に大変な事(この場合は仕事)がある場合は、たいして大変に感じませんね。だからこそ、そのときばかりは忙しすぎることも悪い面ばかりじゃないなあと感じました。でも、あんな忙しさは二度と味わいたくないけど…

ちなみにそのマンションでは、それからもおかしなことが度々あり、全戸の郵便ポストが破壊され郵便物が盗難されたり、真上の階で火事が起きたり、オートロックの鍵差し込み口が破壊されたり、建物の一部が破壊されたり、真正面のマンションで事件があったり等々……これ以上は書くことがばかられる恐怖事件が頻繁に起きていました…よく1年も住んでたな。

そんな訳で、恐怖マンション居住で学んだことは「忙しすぎると強気でいられる」こと、「立地が良いのに家賃が安いマンションには多くの恐怖があること」を学びました。無事に退去できて良かったです。

       




アーカイブ

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済をめざしながら、旅、食、リタイア、(海外)移住、晴耕雨読生活を追い求めてふらふら生きています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]