ぺんぎんメモ

メイン包丁をペティナイフにしたら料理しやすくなった

time 2018/10/29

1人暮らしの十数年間、包丁は使い勝手がよい1本を使い続けていました。何本あっても使いこなせない私にとっては、それがちょうど良かったのです。

ここ数年は、「ヘンケルス HIスタイル 小包丁 140mm 」という刃渡り14cm包丁の使い心地が良く重宝していました。

ただ、結婚してから包丁を使う頻度が増え、手の小さい私に合った小回りがきく包丁が欲しくなり、ネットで見つけた「下村工業 ヴェルダン ペティナイフ 12.5mm」を購入。

刃渡り12.5cmの包丁は、見た目も小さく怖くない。結果、切れ味がいいのはもちろん、軽くて持ちやすいこのぺティナイフは小さい私の手にちょうど良くフィット。今や毎日大活躍しています。もっと早くこれを使えば良かった…

反面、これまで使っていた包丁は登板間隔が空きがちですが、夫が料理する時や南瓜をカットする際に活躍中。

短時間で多くの食材を自由自在に刻むのに、例え刃渡り14cmでもおっちょこちょいの私には大きかったみたいです。

そんな訳で、今後も刃渡り12.5cmのぺティナイフをメイン包丁として愛用し続けたいと思います。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備している雑草ブログです。社会環境への言いたい放題、安全な食、倹約、旅など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]