ぺんぎんメモ

【ドイツ・オーストリア周遊8日間】団体ツアー旅行記4月⑧帰国

time 2019/05/04

【ドイツ・オーストリア周遊8日間】団体ツアー旅行記4月⑦ウィーン後編の続きです。長期にわたる旅行記にお付き合い下さり、ありがとうございます。今日で終了です。

(7日目)

今日は帰国日。朝時間に余裕があったので、親とシェーンブルン宮殿へ。

前日と同じように今日も地下鉄で行きましたが、ホテル周辺道路・駅・電車内・シェーンブルン宮殿周辺など、行く先々がどこも空いていました。

昨朝も見ましたが、早朝のテレジアイエローはやっぱり美しい!

また、宮殿正面階段を登ったところから見た景色も素晴らしい!

ゴールド的キラキラ感はありませんが、独特の美しさがあります。

その後ホテルに戻り、ウィーン国際空港へ。

出国手続きなどを済ませた後、しばし時間があったのでゲート内にあったデメルへ。

ザッハトルテとメランジェをいただきました。予想外にゆっくり過ごせて、搭乗まで快適でした。

その後、ウィーンを出発。

機内の話は書くほどのこともなく、往路と同じく隣がいなかったのでゆったり過ごせました。行きも帰りも飛行機は333の中型機でした。飛行時間10時間半中ほぼ寝ていて、たまに起きたら水を飲むという生活。ちなみに、親はずっとモニターをガン見。永遠と韓流見てました。すさまじい気力・体力です…

(8日目)

朝7時頃、羽田空港に到着。最後に添乗員さんにご挨拶して空港を後にしました。今回の旅行は半日を除いて全て晴れていたこと、出会う外国人から幾度も親切にしてもらえたこと、ツアーでご一緒した方々にも良くして頂いたこと、その他様々なラッキーなことが重なり楽しく過ごせました。

都市によって危険度合いは違うので一概には言えませんが、ドイツとオーストリアは、少なくともフランスやイタリアのような危険はないように感じました。とりあえず、今回も無事帰国できたことを感謝したいと思います。最後まで読んで下さってありがとうございました。

       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済を目指しながら、旅、食、自然、心理、(セミ)リタイア、(海外)移住、晴耕雨読生活などを 追い求めて暮らしています。

[詳細]