世田谷文学館でやっている「イラストレーター安西水丸展」でポストカードを購入、『アルネ』や『暮らしのおへそ』を読み返した

先週、「イラストレーター安西水丸展」を見るために世田谷文学館へ行ってきました。先月から精神衛生上しんどいことが続いていたせいか、久しぶりに都内へ出掛けていい気分転換にもなりました。

こんな社会情勢下せっかく行ったので、記念にポストカードも買ってきました。他にも、いろいろなグッズが世田谷文学館入口付近で販売されていました。

安西水丸さんのことを知ったのは村上春樹氏のエッセイがきっかけ。

エッセイ内の挿絵から醸し出される、水丸さんにしか出せないであろうユーモアとほのぼの感に癒されていました。その後、雑誌『アルネ』や『暮らしのおへそ』でプライベートを垣間見る機会があり、勝手に親しみを感じていました。

が、恥ずかしながらそれ以外のことはほとんど知りませんでしたので、今回の展示会でどれだけ世の中に影響を与えていたイラストレーターかを知ることになりました。1970年代から小説、漫画、絵本、エッセイ、広告など実に幅広い方面で活躍されていたんですね。

小さい頃より絵を書くことが好きだった水丸さんは、その人にしか描けない絵を追及し続けたとのこと。

安西水丸さんが亡くなって今年で7年が経ちますが、亡くなって2年経った頃に村上春樹氏が書いた文章が展示されていました。

「この世界には水丸さんにしか埋められないスペースみたいなのがけっこうたくさんあったのだな」「ほかの誰をもってしても代わりをつとめることができない」という部分が特に印象的でした。

世田谷文学館2階の広いとはいえないスペースに、水丸さんに関する展示が凝縮されていましたが、本当に行って良かったなぁと思える展示会でした。カメラOKだったのも嬉しかったです。

帰宅後、『アルネ』に掲載されていた水丸さんのページを読み返したら、世田谷文学館で展示されていた服が掲載されていました。

『暮らしのおへそ』のページは、印象深かったようで切り取って保管していました。エッセイの挿絵になっている水丸さんのイラスト、今後もときどき見返して楽しみたいと思います。