青森・弘前で人気のアップルパイ(7種類)を味わう

昨年青森に行ってから、次の青森訪問が待ち遠しくて仕方ありませんでしたが、先月とうとう行く機会を得ました!

今回の訪問目的の1つが、青森・弘前で美味しいと評判のアップルパイを食べること!

【青森市内観光・1泊2日1人旅】青森土産を大量購入①アップルパイ編

上記の通り、アップルパイは昨年の青森滞在でもけっこう食べましたが、今回は夫と一緒だったこともあり、計7種類のアップルパイを食べることができました(ホテル朝食を含めると8種類笑)。

普段パン屋さんで買うだけでなく自分でも作るほどアップルパイが好きなので、今回青森県内でいろんなお店のアップルパイを味わえたのは口福な時間でした♪

それでは、青森市内で食べたアップルパイから1つずつご紹介!

Sweets Factory pampam「紅茶のアップルパイ」

まず頂いたのは「青森県観光物産館アスパム」内にある「Sweets Factory pampam(スイーツファクトリーパムパム)」の季節限定、紅茶のアップルパイ(写真が包装状態ですみません)。

三角形をした紅茶のアップルパイは、生地に紅茶が練り込んであり、表面は香ばしく、中にはりんごとカスタードクリームが入っていて絶品でした!

Sweets Factory pampam「パムパムアップル」

昨年も食べた1番人気のパムパムアップルも買って帰り、帰宅後りんごジュースと一緒にいただきましたがやっぱりこれも美味しかった!ただ、個人的には紅茶のアップルパイの方が好みかな♪

喫茶店クレオパトラのアップルパイ

続いていただいたのは、喫茶店「クレオパトラ」のアップルパイ。

ここでは他にサンドウィッチも2種類頼みましたが、どれも美味しかったです(青森市内喫茶店「クレオパトラ」は落ち着く居心地のいい空間だった)。

ここのアップルパイは小ぶりですが、パイ生地がポテトっぽくて食感もサクサクしていました。それがゴロッと入ったりんごと、かけられているバニラアイスとよく合っていて美味しかった!夫もとても気に入っていました。

お次は、弘前市内で食べたアップルパイ!まずは、弘前駅観光案内所外に置いてあった「弘前アップルパイガイドマップ」を拝見!

ほうほう、どうやらこのガイドマップに載っているだけで弘前市内には43種類ものアップルパイがあるらしい!

しかも各店のアップルパイの、甘味・酸味・シナモンの強弱が表記されていて面白い。もともと行くお店は決めていたものの、じっくり見ているとどれも食べたくなってきます!

タムラファームのアップルパイ、津軽ゆめりんごファームのアップルパイ

そんな中まず訪れたのが、藤田記念庭園内にある「大正浪漫喫茶室」。ここでは7種類のアップルパイを取り扱っているとのこと。

喫茶室内はガイドブックで見た印象とは違い、こじんまりとしていて温かみがあって落ち着く雰囲気でした♪

さて、アップルパイ7種類はどれも美味しそうでしたが、中でも人気らしいタムラファームと津軽ゆめりんごファームのアップルパイを選んでみました。

いただいたところ、どちらのアップルパイも柔らかめのパイ生地で、りんごの美味しさが際立つものでした。甘さ控えめかつ小ぶりで軽いので、食べやすいアップルパイかもしれません。

パティスリー ル ショコラのアップルパイ

続いて向かったのは「パティスリー  ル ショコラ」。

最寄りのバス停からトコトコ約10分歩いて到着。このお店へ辿りつくまでに、老舗喫茶店や有名アップルパイ屋さん(休みだった)も見かけました。

こちらのアップルパイは、テイクアウトして夕食後にホテルでゆっくりといただきました。しっかりとした生地ですがサクサク香ばしく、甘く煮たりんごとも合っていて美味しかったです。ボリューム満点のアップルパイでした。

アンジェリックのアップルパイ

最後は、今回食べた中でおそらく1番有名だと思われる「アンジェリック」のアップルパイ。

弘前駅から徒歩約15分の場所にあり、洋菓子店とは思えない外観でちょっと分かりにくいお店。夕方の遅い時間だったので行こうかどうか躊躇しましたが、せっかく弘前まで来たのだからと売り切れ覚悟で訪問。

結果、無事買うことができました。ここのアップルパイも1つが大きく、さらに重量感もありボリューム満点!今回食べたアップルパイの中で1番香ばしいパイ生地で、キャラメリゼ?のカリカリとした食感がスライスしたりんごと合っていて美味しかったです。夫も気に入っていました。

今回、いろいろなお店のアップルパイを食べましたが、異なる特徴を持っていながらどれも美味しくて、アップルパイは奥が深いなぁと思いましたね。

それにしても、たくさんアップルパイを食べられて本当に幸せな数日間でした♪ 次回青森へ行った時も食べられるだけ食べたいと思います!