ぺんぎんメモ

宗教を信仰して救われるかは人それぞれ

time 2017/03/12

ヨーロッパを中心に信仰が篤い、某世界的宗教。聖書片手に街頭に立つ人や教会、関連の学校を目にします。個人的には無宗教なので、信じる人は信じればいいと思っています。

が、時々そんな信仰を強制してくる人がいて辟易します。1人暮らしが長かったこともあり、自宅前で勧誘されたことや聖書をポストに入れられたことは1度や2度ではありません。

また過去には別の宗教ですが、多くの親類を病気や不慮の事故で失った際、どこで聞きつけたのか?多くの宗教関係者が自宅に次々と訪ねてきて、絶望の最中にいる人から蜜を吸おうとしました

もちろん宗教関係者の中には、本当に信仰心をもっていて自分と同じように相手も救ってあげたいと思っている人もいることでしょう。が、そうではなくお金だけ吸い取ろうとする人々も大勢いるのです。

一方、世界各地では最近になってようやく某世界的宗教関係者による、大規模児童虐待や先住民族虐待、人身売買などが明らかになってきました。つまり、宗教はお金だけでなく、尊い命まで奪っている現状があるのです。狂ってる…

また、過去その宗教関係者は、植民地にした土地の先住民に対して布教活動を行い、「神の前では皆平等」と言っていました。が、現実には先住民族を平等な人間として扱わず、過酷な労働で酷使しました

そんな言行不一致で先住民族を奴隷同然に扱っていた宗教は、その時代の支配者に都合の良い思想のかたまりであり、その宗教で救われた人がいても、救われなかった人も大勢いたことが分かります。

日本ではそうした某世界的宗教は期待したほど広まりませんでしたが、それは日本人にマッチした宗教が他にあったこと以外に、その宗教内にある教えの論理のおかしさなども影響していると思います。

とはいえ、どの宗教にも実際に救われている人が大勢いるのは事実ですから、現代にも各々存在意義があると思います。しかし、全ての人が宗教で救われないことも事実なので、絶望のどん底にいる人間に対して布教活動を続けるのはやめて欲しいものです。

       




アーカイブ

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済をめざしながら、旅、食、リタイア、(海外)移住、晴耕雨読生活を追い求めてふらふら生きています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]