ぺんぎんメモ

右顎下・生えかけ親知らず歯茎の痛み→智歯周囲炎

time 2017/07/30


グアムから帰国したら、右顎の下・親知らずの痛みが治っていたで書いた、右顎下の生えかけ親知らずの痛み。

一旦は完治していたにもかかわらず、2~3日前からまた急に痛み始めました…しかも今回は親知らずではなく、親知らずの周りの歯茎。

のたうち回るような痛みでないだけマシですが、食べるのも話すのも歯磨きも寝るのも苦痛…

ネットで調べると、親知らずが横や斜めに生えていたり、歯茎が被っていたりして、親知らず周囲に細菌が残りやすくなって引き起こされるものだそうです。

この症状は、智歯周囲炎(ちししゅういえん)と呼ばれていて、疲れや寝不足で体の抵抗力が落ちると繰り返されてしまうんだそう…

結果として、手前の歯の骨が溶けたり!?細菌が顎の中に入り込んだり!?するというから恐ろしい…。

というか顎下にしこりのようなものがあり、その痛みもある私は、既に細菌が顎に入り込んでいる気が…これって親知らず抜かなきゃいけないのかな。

大人になって親知らずを抜くと、激痛&顔が腫れる&歯並びも崩れると聞きます。でも抜かないと、この痛みと一生付き合うことになる&口内に細菌が溜まりやすくなるのです…さてどうしたものか。

それにしても、20代には生えてこなかった親知らずが、どうして最近になって生えてきたのか不思議。とりあえず、当分はしっかり食べて寝ることにします…痛い。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済を目指しながら、旅、食、自然、心理、(セミ)リタイア、海外移住、晴耕雨読生活などを 追い求めて暮らしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]