ぺんぎんメモ

マウスピースさえ有害となるほどの食いしばり

time 2019/09/21

先日歯医者に行った時に、食いしばり(全盛期よりは落ち着いた)による歯の消耗が激しいのでマウスピースをつくった方がいいか聞いてみました。マウスピースは数年前に一度市販のものを買ったのですが(歯医者で作ると高いと聞いたので)、合わずにすぐに使用を止めてしまった経緯があります。

が、歯科医からは「今の状態でマウスピースをすると、余計に食いしばりが酷くなります。噛む力が増してしまって、余計に食いしばってしまうんです。」と言われてしまいました。

その歯科医自身も職業柄下向き体勢が多いため、酷い食いしばりに悩まされているそうで、歯を食いしばって耐えてきた結果、歯が無くなりつつあるで書いた勧めを意識して生活しているとのこと。

またそれとは別に、下向き体勢(もしくは前かがみ)になっていると、下あごが自然と後ろに下がり誤飲しやすくなったり、喉が詰まりやすくなったりするほか、酸素が脳に送られにくくなるのだそうです。下向き体勢や前かがみ体勢で長時間作業していて酸欠状態になったことがありますが、それが原因だったのかと合点がいきました。

私のように末期症状が出ている人間は、対処療法ではなく根本のところ(生き方や習慣など)を変えないと、悪化を防ぐ以前に現状維持さえもままならないのかもしれません。恐ろしい現実……ですが目をそむけずに、地道に歯科医の勧めに従っていこうと思います。

       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済を目指しながら、旅、食、自然、心理、(セミ)リタイア、(海外)移住、晴耕雨読生活などを 追い求めて暮らしています。

[詳細]