ぺんぎんメモ

スマホやパソコン近くでの睡眠にはリスクが伴う

time 2018/02/09

以前から電磁波の身体への悪影響は気になっていましたが、スマホやパソコン、その他日用家電はもはや必要不可欠な存在になってしまっているので注意が薄れています。

そんな中、最近ネットでスマホやパソコンの近くに長時間いるのは危険という記事を読みました。それは電磁波だけでなくインターネットに接続できる環境が危険なためで、ゆえにwifi環境も危険なのだそうです。そうした環境では植物の生育もまともでないそうで、これを人間に当てはめると怖くなってきます…

数十年前では考えられないほど便利な世の中になりましたが、同時に身体への影響は未知数。経済的な発展・成長を優先する現日本社会では、そうしたリスクの警告や喚起は行わず、むしろ安全だという論理を押し通そうとします。

過去にもそうやって多くの弱者が経済発展のために犠牲になってきましたが、今回もそうなる気がしてなりません。

そんな中で、身体への悪影響を最小限にするために気休め程度に思いついたことは、睡眠中だけでもスマホは近くに置かないこと、そしてパソコンの電源を元から抜いてしまうこと、です。

スマホを使って色々な調べ物を就寝前にしてしまうのですが、眠くなるとそのまま近くに置いて寝てしまうことが時々ありました。が、今は調べもの自体を寝る前にはせず、極力ネットサーフィンは日中か電車内で行うようにしています。

また、パソコンも例えシャットダウンしても、コンセントが差さっていれば無線LANでインターネットに接続できる状態になっていますから、これも身体には良くないこと。ゆえに、寝る前にコンセントを元から抜いてインターネットに接続できない環境にして寝ています。

もちろんマンションですから他の部屋から受ける影響もあるでしょうが、1番身近な自宅ではできる範囲身体を休ませてあげたいものです。

       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済を目指しながら、旅、食、自然、(セミ)リタイア、(海外)移住、晴耕雨読生活などを 追い求めて暮らしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]