乳ガンの原因になる食事あれこれ

近年、乳ガンの原因となる食材は、小麦粉、乳製品、肉類だと分かってきました。

パンを朝食にしている方は多いと思いますが、パンと一緒に摂取するもので多いのは、ヨーグルト・牛乳・バター・チーズなどの乳製品、ベーコン・ハム・ウインナーなどの肉類です。

そのため、それら中心の食生活を続けていると、和食中心の人よりも体に負担がかかり、乳ガンになりやすくなるそうです。

パンの主材料となる小麦粉は、さまざまな現代病(花粉症も)の原因になることも分かっていて、最近ではグルテンフリーパンも増えてきました。

国産小麦と外国産小麦では危険性が異なるかもしれませんが、市販の食品で使用されている小麦粉はほぼ外国産のため、残留農薬も心配です。

また、パンと一緒に摂取することの多い乳製品は、人体に悪影響な放射能汚染食品7つを避けて暮らすでも書いたように好ましい食べ物とはいえないので、最近ではココナッツミルクや豆乳で代用する人も増えています。

さらに、同時摂取しやすい肉類は、疲労回復効果や体を温める効果がある場合もありますが、生活習慣病を引き起こす原因にもなっているため、最近では大豆ミートなどの代替品が出ています(大豆が外国産の遺伝子組み換え大豆の場合は危険かもしれませんが、、、)。

乳ガンの主原因には、体質やストレスなど諸説ありますが、食べ物も見逃せない原因の1つで、現在「アメリカ人女性の8人に1人が乳ガンになっている」といわれています。

今のところ、日本人女性は20人に1人ほどの割合ですが、年々その割合は増加しているそうで、このまま小麦粉、乳製品、肉類の摂取が続くと、近い将来、日本人女性にも乳ガン患者が激増する可能性があります。

今後も、日本人の体に合った和食中心の食生活を続けながら、できる限り小麦粉、乳製品、肉類の摂取は控えて生活していきたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
疲労回復、不調改善
ぺんぎんメモ