ぺんぎんメモ

グアム旅行、ESTA申請(14ドル)で待ち時間大幅短縮

time 2018/05/30

突然ですが、疲労困憊が極度のレベルに達したので、無理やり休みを取ってグアムへ行ってきました!なぜグアムかというと、日本から近くて非日常感があり、海が綺麗で食事もそこそこ美味しいからです。昨年グアムへ行った時の印象が良かったんですよね→グアム滞在は海で熱帯魚を見ながらゆっくり過ごす

ちなみに、前回行った時はグアム入国時に2時間以上の時間がかかったので、今回はESTAを申請していきました。グアム入国にESTAは必須ではないので申請しなくても入国できますが、申請していると時間が大幅に短縮できます。それだけでなく、狭い場所に数時間立ちっぱなしというのは結構疲れますから、疲労も削減できます。

ちなみに、ESTAは多くの仲介業者が公式サイトと偽り、申請料金が本当は14ドルしかかからない所を、高額な仲介手数料を騙し取っている場合がありますから注意が必要です。以下がESTA申請の公式サイトです。

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html?execution=e1s1

日本語で申し込みできるので今後2年間アメリカへ行く可能性があるなら、旅行前に申請しておくと便利だと思います。

今回ESTAを申請して行ったおかげで、ESTAレーンでの入国手続き・荷物受け取り・税関申告を済ますまで計10分かかりませんでした!もちろん深夜到着便だったこともあると思いますが、非ESTAレーンは数十人並んでいたので、並ばずにスムーズに入国手続きを終えられたのは良かったです。

ESTAを申請している場合、ESTAレーンへ進み、そこにある専用機械にパスポート写真ページをスキャンし、右手4本の指紋採取、正面を向いて写真撮影を行い、必要事項を入力して完了です。係員が教えてくれるので心配要りません。

機械での操作が完了したら、ESTAレーンを更に進んで入国審査窓口へ行き、「グアムは何回目か」「滞在期間は何日間か」「泊まるホテルはどこか」等の質問に答えて、右手4本の指紋採取、写真撮影をして入国審査手続きは完了です。その後、階段を降りて預入荷物を受け取り、税関申告をする流れとなります。

ESTAを申請していてもESTAレーンが混雑している場合は待つこともあるようですが、非ESTAレーンよりは空いていることが多いそうですし、狭い機内で入国書類2枚を記入しなくて良いだけでもメリットがあると思います。ゆえに、次回またグアムへ行く時もESTAにお世話になる予定です。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備しているブログです。社会環境への言いたい放題、旅、食事など実体験を踏まえてお届けします。基本的に自由で、科学的かどうかは重視していません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]