ぺんぎんメモ

美味しいコシヒカリは冷めると更に美味しい

time 2018/09/06

p>

最近、熊本県・阿蘇産の「特別栽培米コシヒカリ」を食べ始めました。それまで国内様々な産地のコシヒカリを食べていたのですが、農薬と水が気になったので熊本県産へチェンジ。これが大正解!

私だけでなく夫も「いつものお米より美味しい!」と言ってパクパク食べていたので、確かに美味しいんだと思います。

そういえば、農家だった祖父母が毎年作っていたお米もコシヒカリでした。ただコシヒカリは育てるのが難しく、台風で倒れることもしばしばでそうなると稲刈りも大変なんですよね。

とはいえ、新米コシヒカリの美味しさは今でも覚えているほど絶品!炊く際に使うお水は浄水器付の水道水だったのですが、炊いたお米はキラキラ輝いていて1粒1粒が立っていました。しかも香りからして甘いんです。

炊き立てが美味しいのはもちろんのこと、冷めても美味しいのがコシヒカリ。おにぎりで食べた実家のお米は、唯一無二の無限米だったと思います。

実家のお米を一度でも食べた人は、翌年も必ず「今年も(買わせて)ください」と言ってこられましたから。周辺地域の田んぼと水も苗も変わらないはずなのに…土が良かったんでしょうかね?

お人よしの祖父が、自分家で食べる分まで他人に売ったりあげたりしてしまい、自分家の分をスーパーで買ったこともありましたが…自分家のお米とは似ても似つかぬ味でした。

全国各地で美味しいお米は作られているはずですが、「絶品米は市場に出回らない」と言われるように、本当に美味しいお米は農家さん御自身で消費されているのだろうと思います。お米を作るのには大変な手間と労力がかかりますから、農家さんには毎年美味しいお米をありがとうございますm(__)mと感謝です。

       




アーカイブ

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済をめざしながら、旅、食、リタイア、(海外)移住、晴耕雨読生活を追い求めてふらふら生きています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]