ぺんぎんメモ

武器輸出国ランキングで分かる戦争推奨国

time 2018/10/17

以前から気になっていた戦争で儲かる国。だいたいのところは検討がつくけど、実際はどうなんだろう?ということで、グローバルノート – 国際統計・国別統計専門サイト 統計データ配信にて、武器輸出国ランキングを見てみました。

各国金額は武器移転の規模を比較したもので、各兵器の機能・スペック等から標準的な製造コストベースで見積もった値(trend-indicator value -TIV)。ゆえに、実際の販売価格ベースでの金額ではないそうです。その中には、財源に乏しい属国的な国への無償供与(物々交換)や援助もかなりあるようなので、あくまで武器がどれだけ国外へ出ているか?ということになります。

ただこれを見ると、「良い国ぶっているけど実は戦争推奨国?」的な国もあるように見えて微妙な気持ちに。世界的に武器も価格競争の波に飲まれているので、武器輸出で儲かる国ばかりではないとのことですが、戦争に加担する可能性が高いのは事実。

以下は、世界における武器輸出額の国際比較統計・ランキングで、各国の武器輸出額と国別順位を掲載しました。単位は百万米ドルです。

(2017年武器輸出額国別ランキング)

1 米国  12,394
2 ロシア 6,148
3 フランス 2,162
4 ドイツ  1,653
5 イスラエル 1,263
6 イギリス  1,214
7 オランダ 1,167
8 中国  1,131
9 スペイン 814
10 イタリア  660
11 韓国  587
12 トルコ  244
13 ウクライナ 240
14 スイス 186
15 ノルウェー 134
16 チェコ 110
17 インドネシア 102
18 オーストラリア 97
19 カナダ 87
20 スウェーデン 83
21 ヨルダン 77
22 南アフリカ 74
23 アラブ首長国連邦 72
24 フィンランド 58
25 ポルトガル 56
25 インド 56
27 ブラジル 45
28 ギリシャ 30
29 ベラルーシ 23
30 オーストリア 22
30 スロバキア 22
32 デンマー 12
32 ベルギー 12
34 イラン 10
34 コロンビア 10
36 ジョージア(グルジア) 7
36 オマーン 7
38 キルギス 5
39 ドミニカ共和国 4
39 ニュージーランド 4
41 パキスタン 3
41 クロアチア 3
41 ポーランド 3
44 台湾 2
44 セルビア 2
44 日本 2
44 タイ 2
48 モンテネグロ 0 1
48 チリ 0 1

・販売・援助・贈与によって供給された武器輸出額。ライセンス契約で生産された武器も含む。
・航空機、装甲車両、火砲、ミサイル、レーダーシステム、軍艦などの主要な通常兵器が対象。
・小火器、軽火器、小口径砲、弾薬、トラック、技術移転、支援装備などは含まない。
・金額は武器移転の規模比較のため、各兵器の機能・スペック等から標準的な製造コストベースで見積もった値(trend-indicator value -TIV)で実際の販売価格ベースでの金額ではない。
・1990年価格基準ベース。
・データのソース元はSIPRI。
・世界銀行の統計に台湾を追加している

こうしてみると、「やっぱり…」という国以外に意外な国が武器を大量輸出していることが分かって驚きます……アメリカとロシアが莫大なのは知っていましたが、ヨーロッパ各国が結構な額を輸出しているんですよね。

歴史もあると思いますが、大陸にあるのはマトモな国だけじゃないという事実と向き合うと、国の位置的にいざという時に備えて国産する必要性を考えているのかもしれません。

キレイごとでは済まない世界の現実を認識しながらも、武器で経済を回そうとする国もある訳なので(偽情報で戦争を始めるアメリカみたいな)、例え戦争によって科学技術が進歩しているとしても、武器輸出によって最貧困から抜け出せているとしても、個人的にはできるだけ戦争に加担するような国には住みたくないなと思います。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備しているブログです。社会環境への言いたい放題、旅、食事など実体験を踏まえてお届けします。基本的に自由で、科学的かどうかは重視していません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]