ぺんぎんメモ

潤沢な貯金と専門スキルを持った早期リタイア(+移住)が理想

time 2018/12/17

現在、奨学金を返済しながら移住およびリタイア生活を目指していますが、そう考えるようになったのは30代になってから。それまでは漠然と会社員としてキャリアを重ねることで、右肩上がりの給与体系に乗って行けると考えていました。その中で奨学金も返済していけばいいかな、と。

でも大企業もバタバタ倒産する昨今、過去に勤めていた中小企業で長く働き続ける姿を描けなくなり(歳を重ねたら活躍できなくなりそうだったり、ビジネスモデルに疑問があったり)、退職しました。ただそんな風に辞めたところで現実は甘くなく、何度も再就職しましたが(笑)

でもその度に考えることは、その会社でしか通用しないスキルだけが身に付いても低給のままだったら?とか、男性同様にバリバリ働いても病気になって早逝してしまったら?とか、天下りパワハラ上司にこき使われたままでいいのか?とか、将来的な不安ばかり。

そんな訳で、せっかく再就職しても自宅と職場の往復だけで人生を終えるような気がしてきて不安が募り、やっぱり退職してしまうのです。現状はまだ生産年齢人口不足なので、私のような30代でも求人はあります。が、今後数十年で多くの仕事が機械化されるはずなので、そうなる頃には職種自体が激減し求人もほとんどないかもしれません。

ゆえに、今後数十年先まで?通用する専門スキル(自分が好きな分野で)を身に付けておくことが不可欠だと思います(それができれば苦労はしないのですが…)。専門スキルされあれば国よっては移住許可も降りますし、生活費を補うためにそれを使って稼ぎ続けることができます。稼ぎ続けることはストレスが少なければ健康にも良いので、シンガポール社会のように生涯現役でいられるかもしれません。

もちろん理想は、「早い段階で稼ぐだけ稼いでリタイア生活するのが1番」です。が、それは相当若いうちから綿密に計画して高給職を選ばなければ難しいこと。

でも、もしそれに近い生き方が実現できれば、大手メディアや一般社会からのインチキ常識と情報から逃れることができ、自分の信念に沿った自由な生き方(もちろん法に触れない範囲で)が可能になります。ゆえに最近よく考えるのは、専門スキルを身に付けながら奨学金を返済しつつリタイア資金を貯めること!

現代日本社会には真面目で従順な人々を利用して労働力や税金を搾取する仕組みと、それを利用する組織があります。が、提供した労働力や税金が還元されないおかしな仕組みが多く、そんな社会からは逃れたい気持ちが年々強くなっています。

社会環境は悪化し年金崩壊と増税で私のような30代は将来に希望が描けないので、日本は好きですが専門スキルを身に付けて奨学金を完済しリタイア資金を貯めることができたら、即他国へ移住して静かな余生を送りたいと考えています。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備している雑草ブログです。社会環境への言いたい放題、安全な食、倹約、旅など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]