ぺんぎんメモ

この社会に合わない人間はどうやって生きていけばいいのか

time 2019/01/25

20代の頃から薄々気付いていたことですが、私はこの社会に合わせることができません。こういう人間を社会不適合者というのでしょうかね…

そのせいか、過去にストレスが溜まると「鳥に生まれたかった」等と思っていました…完全に心も頭も病んでますね。もちろん、鳥には鳥なりの過酷な生活環境があるわけですが、日本の野鳥は大量発生するくらい優遇されていて、鳥獣保護法があるくらい。なので、人間よりは生きやすいとその時は思ったようです。

また、子どもの頃に住んでいた山中では、夜になると野良犬や各戸で飼っている犬が一斉に吠え出すのですが、その時に窓を開けて一緒に遠吠えをしていました……単なる頭イカれた野郎ですね。私が遠吠えすると他の犬も次々に遠吠えし出すので、自然と仲間意識が生まれて?「生まれ変わるなら犬もいいなあ」等と思っていました。今は断固拒否ですが。

さらに幼少期の話ですが、買ってもらったリカちゃん人形やバービーちゃん人形の髪の毛や、ぬいぐるみ各種の体毛を全てカットしていました。完全ホラーですし…猟奇的な趣味以外の何者でもありませんね。

と、10代までは今以上に頭がイカれていて、軍隊的な日常生活に嫌気がさしていました…それだけ未熟で傷付きやすくて世間知らずで視野が狭かったのだろうと思います。

ただ、30代に突入してもその本質は変わらないままで、「この社会に自分は合わせられない」ことをようやく自覚しました。しかも社会に適合できないだけでなく、どうもサラリーパーソンとしても生きられないことが分かってきたのです…

そんなこの社会に?不適合な私が生きていくためには、生きられる土地や場所を見つける以外にないのだろうと思います。田舎が無理なら都会、都会が無理なら田舎、日本が無理ならアジア、アジアが無理ならアメリカ、アメリカが無理ならヨーロッパという風に。

きっと有能なビジネスパーソンであれば、そこで諭すような言葉を仰ることでしょう、「苦しさをすり抜けてばかりいる人間に、重要な仕事を託すわけにはいかない」という風に。実際問題、外国に住み続けることは大変ですから…

でも、生まれた場所、今住んでいる場所に人生を決められる時代の終わりでも書いたように、現代はわざわざ苦しい場所や環境で耐え続ける必要はありません。「苦労は買ってでもしろ」とか「若い時の苦労は身になる」とか言われますが、体験止まりの苦労は身になりません(『「普通がいい」という病』濃い内容に疲労感)。

サラリーパーソンとして働いていた当時、最終的に自分の倫理観に反することがあると、どれだけ結果が出ようとも自分を無価値と感じてしまうことに気付きました…そういう人間なんですね。

そんな無価値感を覚える環境で生き続けると、遅かれ早かれ精神病になるので最初からそんな環境に身を置くこと自体やめようと思い始めました。

これまでも引っ越し族でしたが(現在の住まいは気に入っていますが)、今後もしがらみや固定観念に縛られず、自由に生きられる土地・場所を探し続けようと思います。

表立ってそんな風に生きている事実が知れれば、この社会では袋叩きに合ってしまうので、静かに目立たず、ただいつでも移動できる準備だけはしながら暮らしていきたいものです。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済を目指しながら、旅、食、自然、心理、(セミ)リタイア、海外移住、晴耕雨読生活などを 追い求めて暮らしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]