欲が激減したのはストレスが解消されたから

30代になって、それまで求めていた様々な欲がなくなったのは、単純に歳と生活環境の変化のためだと思っていました。

もちろんそれも多少あったと思いますが、どうやら欲が激減した主要因はストレスが無くなったからだと最近気付きました。

ストレスが溜まる環境にいると、その環境にいる間中、猛烈なストレスを感じてしまい、我慢や辛抱という形で自分に無理強いし続けてしまいます。

その結果、その我慢や辛抱によって抱えたストレスが、後に形を変えて様々な欲となり襲いかかってくるようです

そして経験上、ストレス環境を出てもある一定期間は(ストレス度合いなどにより個人差がありますが、そこで感じたストレスが解消されるまでは)欲が続く気がしています。

その欲は人によって様々ですが、昨年ストレスが溜まっていた時期の私はジャンキーな食欲と国内脱出欲が旺盛でした。

10~20代の頃はそれ以外にも、様々な欲に流されてストレス解消していた気がします。何もしたくない欲や睡眠欲、読書欲、物欲、自己顕示欲等々…

結局、様々な欲に流されやすいのは、それまでにストレスが溜まりすぎているんでしょうね。

現在は休養中でストレスが全くといっていいほどない状態ので、驚くほど欲もありません。ただ、私のような人間はストレスがないと経済活動しないので、経済中心社会では歓迎されないのでしょうが…

ただ経済中心観念以外にも、この世には「ただ存在するだけで認められる」という観念もありますから、そういう観念に沿って今後も生きていこうと思います。