ぺんぎんメモ

【青森市内観光・1泊2日1人旅・絶品グルメ】「シュトラウス」のザッハトルテ、カシスケーキ、アプフェルシュトゥルーデル

time 2020/12/12

数年前から行きたかった、青森市内にあるウィーン菓子「シュトラウス」。そこに今回の青森旅行でついに訪れることができました!昨年旅行したウィーンを帰国後懐かしく思いながら、同じような味を食べられるお店はないか探したところ、「シュトラウス」がヒット。

ウィーンで買って食べたザッハーのザッハトルテは甘すぎましたが、「ここのザッハトルテは本場を凌ぐ美味しさ」という口コミをネットで拝見したので期待を期待を寄せての訪問です。

念願のシュトラウスに来れたことがあまりにも嬉しくて、外観写真をバシバシ撮ってしまった…

1階はテイクアウト専用で、2階が喫茶スペースになっていました。ちなみに、老舗和菓子屋「甘精堂本店」と中で繋がっていました。

表通りから見ると甘精堂本店のほうが目立っていてシュトラウスは少し分かりにくいのですが、シュトラウスへはひっきりなしにお客さんが入っていてテイクアウトでケーキを注文していました!

そんなシュトラウスに入って右側にある階段を登ると、2階にある喫茶スペース入口に辿り着きます。店内に入って好きな席に座ると、店員さんがメニューとお水を持ってきてくれます。

15時頃行ったせいか、最初ザッハトルテは売り切れと言われてしまい落ち込んでいましたが、数分後キャンセルが出たとのことで無事注文できました!ラッキー♪

メランジェとのセットを注文。一口食べてすぐにザッハーのザッハトルテより美味しいと感じました。繊細な味わいで甘すぎず、無糖生クリームとの相性も抜群。評判の高さに納得しましたし、青森いや日本が誇る名店と言っても過言ではないでしょう!

実はザッハトルテ以外にも食べたいケーキがあったので、翌日も訪問(糖分摂り過ぎ…)。今度は売り切れの心配が無いよう、午前中に訪問(営業時間10時半~17時)。注文したのはアプフェルシュトゥルーデル、カシスケーキ、ウインナーコーヒー。

まずはアプフェルシュトゥルーデル。1階のテイクアウトで売っている日持ちするタイプは好みではなかったのですが(前日に買ってみた)、これは全く別物で絶品でした!

ザクザクした生地の食感と、りんご・レーズンなどフルーツとの相性が絶妙。しかもそのフルーツの味付け・食感がちょうど良く、生クリーム付きにしたのも正解。これは感動的な美味しさでした!また食べたいなぁ!

そしてカシスケーキがこれまた絶品でした。ケーキ全体がムースのような食感で柔らかく、甘みと酸味が調和した味わいは何とも言えなかった。友人に聞いて後で知ったのですが、青森県産カシスを使ったこのお店のカシスケーキは有名だそうで、冷凍オンライン販売もしているらしい。食べられて良かったし、これもまた食べたい!

連日甘いものを摂りすぎましたが、絶品だったのと糖分を欲していたのとで胃腸への負担はなく終始美味しくいただきました。こんな絶品ケーキを生み出せる職人技には、ただただ脱帽するばかり。次回青森市内に滞在する際も、必ず訪問したいです!

       




アーカイブ

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済をめざしながら、旅、食、リタイア、(海外)移住、晴耕雨読生活を追い求めてふらふら生きています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]