本社である月一の会議が嫌でたまらなかった

最近、ふと以前勤めていた会社の月例会議のことを思い出して、会議前夜と会議当日に本社へ行く電車内で、憂鬱な気分になっていたことを思い出しました。

会議では全店の売上が発表されるのですが、当時所属していた店舗の売上は、毎月前年越えで好調。

そんな状況であれば、本来なら特にマイナスなことは言われず、むしろ何かしらの労いの言葉があっても良さそうなものです。

が、自店舗は本社の意向に従わないためか良く思われておらず、毎回何かしらの嫌みや、意欲をそぐような言動をお見舞いされていました、、、

会議に出席し始めた当初は、そんな本社の言動に対して「なんてこと言うんだ」と憤慨し、会議中何度も言い返そうとしていました。

けれども、結局、お気に入りの人間とそうではない人間の扱いは、どうやっても変わらないことを知り、それ以降の会議では、余計な発言や態度を取らないように心がけていました。

そういえば、私以外にも本社から嫌われている人間がいましたが、会議でその人が発言すると、お気に入りの人間が発言したのと同じ内容なのに、酷評されていました。

まさに、「何を言うか」ではなく「誰が言うか」が重要なことを思い知らされた出来事でした。

そういえば嫌がらせのためか、会議の最後に何度か総括させられたことがありましたが、連合赤軍みたいで嫌でした。

ただ、なぜかその総括を一部の上司が褒めてくれていたのがいまだに謎です。

そんな人畜有害でしかない無意味な会議が、この世から無くなることを願ってやみません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
仕事過去の思い出
ぺんぎんメモ