出勤日の憂鬱を和らげるためにパンを買ったけれど

ここ2か月ほど余裕のない日々が続き、肉体的も精神的にも疲労困憊していました。

休日は家事をしたらすぐに終わってしまう状況だったので、夫にもかなり助けてもらいました。

が、自宅でゆっくりのんびり過ごす時間がないと生きていけない人間にとって、休日が少ない今の生活は結構辛いです…

ストレス発散のために、当初は1人で外食・買い物・カラオケへ行ったりして解消していましたが、体全体のエネルギーが消耗しきるとそんなエネルギーさえも無くなってしまいました。

ブログ更新も滞ってしまい、せっかく訪問して下さっている方には申し訳ないです。

今は好きなだけ旅行したり、本を読んだり、景色を眺めたり、料理をしたりしたい気持ちで一杯ですが当分は難しそう…

そんな疲労困憊の中、最近ご飯を欲しなくなってしまったので、それならとパンを大量買いしました(【天然酵母で国産小麦】 AOKIのパン)。

ただ、国産小麦でも小麦は小麦だし、モンサントの小麦なら遺伝子組み換えだし、国産であれば放射能まみれかもしれないし等々いろいろ悩みましたが、カロリー摂取を優先し買ったパンは胃袋へ…

以前『長生きしたけりゃパンは食べるな』を読みましたが、そこには「小麦粉を使ったパンは中毒性があるから健康リスクが高い」と書いてありました…

それでも働くためには食べる必要があるので、良質そうなパンを選んで食べています…

今の業界にはかれこれ10年もいるのに、自分には合ってないなぁとつくづく思います…上司や同僚からは適職だと判断されているようですが、体はもはやボロボロです。

30年しか生きてないのに既に60年くらい生きた感覚です。本当に疲れました…

奨学金完済という目的があるから働いていますが、だからといって貴重な30代を嫌いな時間に捧げたくはありません。というのも、新しいことを吸収できるのは30代までらしいので、今のうちに好きなことに時間を使いたい気持ちがあるのです。

もちろん世の中には多才な能力を持ち合わせていて、50~60代でも新しい分野へ突き進める人もいますが、自分はそんな人間ではなさそうなので、好きなことを思う存分できる生活へ早くシフトしたいです。

そうした生活が送れるようになれば、自然とストレスも減り、パン中心の食生活からも脱却できる気がしています。