ぺんぎんメモ

神保町で1日古本屋巡り

time 2017/02/20

世界最大の古本屋街である神保町は、本好きにとってはたまらない場所!神保町に来る度に、やっぱりこの街が好きなんだなぁと感じます。土日は空いている古本屋が少ないので平日に行くことが多いですが、1日じっくり神保町に腰を据えて古本屋を巡るのは至福のひととき♪

古本屋の数が多いだけでなく1つの古本屋の所蔵数も多いため、すぐに時間が経ってしまいます。三省堂や書泉グランデなどの新刊書店もあり、古本以外もしっかり楽しめるのもいい所。ただ、気になる本を見つけてしまうとあれもこれもと気になってしまい、その本屋から離れられなくなるのは困りますが(笑)

最近行ったときも熟考した挙句に1冊だけ買ってきたのですが、他にも欲しい本が数冊あり諦めるのが大変でした。本を買い過ぎるとその後が悲惨なことになりますから、毎回持ち帰ることを想定しながら物色しなくてはなりません。

一方、神保町に行くと寂しいこともあります。例えば、馴染みの古本屋がなくなっていること…なくなってしまったあるお店は、店主が温かい人柄の素敵な古本屋カフェだったので、心にポッカリと穴があいたような気持ちになりました。

その古本屋で買った布製ブックカバー。

そんな移り変わりも感じる神保町ですが、通い続けて10年以上経つ今でも魅力が尽きません。もはや第2の故郷的存在になっていて、古本屋目的ではなく仕事の疲れを癒しに来ることもあります。心の拠り所、神保町へはこれからも通い続けたいものです。

       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済を目指しながら、旅、食、自然、(セミ)リタイア、(海外)移住、晴耕雨読生活などを 追い求めて暮らしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]