ぺんぎんメモ

つかみどころのない印象的なイラスト

time 2017/03/31

これは、だいわ文庫に挟まれていたしおりです。このしおりに描かれたイラストには、癒し効果があると思っています(私だけ?)。世の中ですごいと思うものの1つに、つかみどころがない存在というのがありますが、このしおりはまさにそんな存在です。

物でも人でも同じ所にとどまっていなくて、浮遊しながら色々な場所にいられる存在は最強だと思います。特に、好きなことを自由にやり続けられる人は、すごく自由で可能性があって楽しそうな気がします。

こちらは、切手のないハガキを購入した際に一緒に入っていた紙。これに描かれているイラストにも同じような魅力を感じます。ふらふらゆらゆらしていて、どこへでも行けそうな雰囲気。個人的に自由が好きなせいか、好きなイラストに対しても同じようなものを好むのかもしれません。

こちらは小豆島でもらった「オリーブフェスティバル」のチラシ。先ほどのイラストとは違って脱力感はなく、活発で賑やかな雰囲気が全面に表れているイラスト。こういうイラストを見ると、自然と元気になれます。

また、こちらは「蘭の祭典」のチラシ。目にも鮮やかなチラシは、ついつい目に留めたり手に取ったりしてしまうから不思議です。何らかのインスピレーションを与えられる印象的なイラストは、あるようでないものです。

       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金完済を目指しながら、旅、食、自然、心理、(セミ)リタイア、移住など追求して自由に暮らしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ [詳細]