若者叩きの老害は他にエネルギーを使ってほしい

最近、歳を重ねた人の中に、自分ほど苦労していないと思われる自分より弱そうな人に対して、見当違いなおかしな批判をする人がいます。

それは、単純にその人が気に入らないというだけでなく、自分の現状が満たされていないというのもあると思います。

自分の置かれている待遇に不満があるため、弱い立場の人を攻撃するわけです。

例えば、そんな弱い立場の人として、若者が挙げられます。

若者を叩くある程度の年齢の人は、現代日本では「老害」として認識されていますが、そんな老害は口が達者な高齢者に多く、最近では若者だけでなく社会全体に悪影響を及ぼしつつあります。

そうした「老害」を見る度に「自分はああなりたくない」と思いますが、思うだけで実際はそうした老害の暴走を止められず、後悔することもしばしば…

老害にもそうなるだけの外的要因があったのだろうと思いますが、だからといって、立場の弱い人だけを批判するのはおかしいと思います。

真に批判すべき対象は、現社会環境を構築してきた自分自身や日本政府であり、日本を植民地として搾取し続けている他国や外資でしょう。

現代は物質的には豊かになったように見えても、栄養価の乏しい遺伝子組み換え食物を食べさせられ、新種の病気にかかり、放射能汚染にさらされながら、いつ地震が起こるか分からない土地で、将来もらえない可能性が高い年金保険料と、自分ではほとんど使わない社会保険料と、その他多くの税金を支払い、あらゆるローン返済のために奴隷のように働かされて、十分に大切な人との時間も割けないままあの世へ旅立つ、酷い時代です。

老害と呼ばれている人々は、そんな時代に生きなければならない若者に対して批判するのではなく、多くの社会問題に対するよりよい解決方法を考えて社会や政府へ提言するなど、別のことへエネルギーを使って欲しいです。