ぺんぎんメモ

手帳型スマホケース危険性はあるけれど、画面を保護できて安心

time 2017/05/01

先日液晶画面を割ってしまったiPhone6のカバーは、背面しか覆っていないものでした。

iPhone4を使っていた時も何度か落としたのですが、画面割れを起こしたことはありませんでしたし、中国で買ったSIMフリースマホ(China Mobile)も同じように丈夫でした。

なので、iPhone6の画面が割れた時は「本当に割れるんだ」と思ったものです(泣) iPhone6 から新しいスマホ端末ZenfoneMax3に換えた際、もう画面割れは御免と思い、手帳型スマホカバーを付けることにしました。

手帳型カバーには色々と反対意見があるようですが、背面や側面だけでなく前面まで覆うことができるので液晶画面を保護できて安心。画面が割れたことのある方は、その必要性を痛感されていることでしょう。私ももれなく仲間入り…トホホ

ただ、手帳型スマホカバーは放熱設計されていないものが多いようなので、充電する時は外した方が良いみたいです。

そんな訳で、手帳型カバーを買おうと家電量販店(ビックカメラ、ヨドバシカメラ)で探したところ、数千円~数万円のものしか取り扱っていませんでした。

一方、ネットでは安価なものも販売されていたので、夫と私の2つ分をYahoo!ショッピングで購入。1つ680円×2+送料200円=1560円で、1つ780円の安さ。

合皮素材ですが触り心地も見た目も良く、落ち着いた印象。フリップの内側はカードケースになっています。また、本体を立てて使えるスタンド機能付きで、ケースをつけたままボタン操作やコネクタの抜き差しができる構造です。

最近のスマホは液晶画面が特に弱くなっているようなので、スマホカバーは画面を保護できる手帳型をオススメします。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備しているブログです。社会環境への言いたい放題、旅、食事など実体験を踏まえてお届けします。科学的かどうかは重視していません。基本的に自由です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]