嬉しい!ついに奨学金500万円を完済!

学生時代の4年間、第2種奨学金を約500万円借りていましたが、先月末その返済がようやく終わりました。

当時、奨学金を借りる際に保証人が立てられなかったため、機関保証料5千円を引いた額が毎月銀行口座に振り込まれていました。

その機関保証料も、繰り上げ返済した結果、数万円戻ってきました(完済後、約2か月後に届いたハガキで知った)。確か、4年間で約25万円かかったと記憶しています。

もっと早く完済できていれば、機関保証料の戻りも多かったのだろうと思います。

経済観念に乏しく、結局、完済までに10年以上の歳月を費やしてしまいましたが、、、ようやく完済できて心底嬉しいと同時にホッとしています。

奨学金返済残高がついに50万円になったで、「食糧難やその他物資不足が予測できる現状のため、今は無理して完済せず、様子見しながら生活物資の備蓄に励むことを優先」と書きました。

が、そんな現状だからこそ、できるだけ身軽でいたい気持ちが勝ってきて、先月末での全額繰上返還をしました。

これまで奨学金返済金として、毎月27日に2万円強を口座から引き落とされていましたが、今後それが無くなると思うと経済的・精神的にとてもラクになります。

何より「借金が無くなる」ことが嬉しいです。

過去、金銭的に困窮した時期は、この返済に困り果てたこともありました。

が、こうして完済できたことで、あの時の苦労も報われる気がします。

返済中、何度か指定口座に残金が不足していたことがあり、奨学金を借りた先(独立行政法人日本学生支援機構)から至急の郵便はがきが届き、なおかつ電話がかかってきたことがあってギョッとしたこともありました、、、

ただ、ここ数年は必死になって繰上返還を繰り返していたので、あと8年はかかると思っていた返済期間ですが、約1年で終えることができました。

繰上返還は、スカラネット・パーソナルというサイトで毎回申し込んでいましたが、年数が経つほど申し込み手順が複雑化し、近年は不正アクセスによる情報流出を避けるため、ワンタイムパスワードを取得する必要がある等、ますます手間がかかるようになっていました。

その画面をこれまで何十回と見てきましたが、、、

今後はその画面を開く必要がなくなることも嬉しいです!

奨学金を完済すると送られてくる「返還完了証」、完済してから約1か月後に送られてきました。

これを見てようやく、返済が終わったんだなと思えました。

奨学金を完済できたので、これからはリタイア生活実現へ向けて、できる限り資産形成していこうと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
奨学金完済
ぺんぎんメモ