きつい奨学金返済が無ければ、精神的ストレスは少なかったと思う

実は今働いている職場を退職しようと考えているのですが、仮に退職したとしてその後の生活プランを考えると、かなり経済的に不安があります。

その不安要因の1つが、月々の奨学金返済。

社会人となり奨学金返済が始まってから、それが無ければ・・・と何度思ったことか。無職時は特に堪えました。もちろん、自己責任と言われればそれまでですが。

奨学金返済残高が150万円まで減ったでも書いたように、近年は繰り上げ返済を繰り返しているため、当初の想定よりは早く完済し終わる予定です。

が、それまでがキツい。奨学金返済以外にも月々出ていくお金はあるわけですから。

ただもう組織で働くことは無理だと分かったので、今はひたすら寝て休んで、元の正常っぽい精神状態へ戻りたいです(寝たところで戻るかは不明ですが)。

稼ぐことを考えるのはそれからにします。今は退職するまで、何とか仕事をすることだけを考えています。

過去の経験から、夫は私が精神的に病んだとしても助けてくれるか疑問なので、退職まで限界を超えて働いた挙句メンタルが崩壊したとしても、十分な睡眠をとって休養できるかは微妙です。

とはいえ、複雑な家庭環境&物理的なモノがないため、お金が無くても心身を休ませることのできる場所は現住居以外にありません。でも現住居があるだけマシかもしれませんね、結婚していなければ今頃ホームレスだったと思いますから。

ただその居場所をつくるためには、自分で稼ぐしかないな、とやっと覚悟を決めた昨今です。そういう意味では、今苦しんでいることも、きつい奨学金返済も、プラスに捉えられるのかもしれません。

現実と真正面から向き合い、見たくないものも見て、独立して稼げるように。見たくないものを見るのがいかに大変か、、、想像しただけでも辛いですが。

心の拠り所である、自分自身と数少ない友人、そして本、これらを大切に、一歩ずつ進んでいきます。

コメント