鼻歌を歌う心理状態

最近、夫がよく鼻歌を歌っています。私も精神的余裕があった頃は、ときどき鼻歌を歌っていました。

たいていは料理をしている時かお風呂に入っている時ですが、自然と出てくるから不思議です。

心理状態でいうと、鼻歌を歌うのは楽しくて快適な時だそうですから、夫はそんな精神状態なのかもしれません。

ただ、最近の私は疲労蓄積のせいで鼻歌を歌う気持ちにはなれず、湯船に浸かっている時でも眠くて眠くて仕方ない…

この状態から脱出できる日を待ち遠しく思いながら、解放された日のことを想像してモチベーションをあげる毎日です…

サラリーマンは勤務すれば毎月お給料がいただける素晴らしい立場かもしれませんが、その勤務にはドロドロした理不尽さが大量に含まれていて、管理職だとその辛さも爆増…

異動してきた上司によるパワハラで数か月休職した知人や、連日残業の過酷勤務を続けている友人の話を聞くと、サラリーマンも奴隷みたいで大変だ…と考え込んでしまいます。

こんな状況であっても、御用メディア各社の報道では日本は恵まれた国・平和な国となっていますが、周囲の労働環境や労働者への度重なる増税、年間自殺者3万人、年間行方不明者8万人以上という数字を見ると、表面的としか思えません。

もちろん何の問題もない国・地域はありませんが、より多くの人が鼻歌を歌えるような社会になって欲しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
自由に過ごし中
ぺんぎんメモ