ぺんぎんメモ

鎌倉・瑞泉寺近くで見かけた産直市場

time 2018/12/27

関東へ引っ越した母は、水を得た魚のように週に何度も色々な場所へ出掛けています。最近は鎌倉の瑞泉寺へ行ったそうなのですが、その道の途中、男性1人でやっている産直市場?を見つけたそう。

そこで農産物(およびその加工品)を大量に買ったらしく、私にも分けてくれました。母は美味しいものを大量買い・大量食いするクセがあります…夫によると私もよく似ているそうです…?

そこで売っている農産物全てに試食が用意されていたそうで、試食して美味しかったものだけを買ってきたとのこと。これがどれも絶品で、特に鹿児島県産大根の漬物!柿の搾り汁で漬けたということですが、そんな漬け方があることを初めて知りました。

こちらは、長野県高遠産の紅柿を使った干し柿。干し柿というと渋柿を使うのが一般的ですが、これは紅柿を使ったもの。しかもさらに珍しいのは、串に刺さっていたこと。自然の甘みが濃厚に感じられるスイーツでした。

あと、秦野産落花生。落花生はやっぱり殻付きですね。フレッシュ感があります。殻付き落花生なんて何年ぶりに食べたかな?落花生といえば千葉県産が有名ですが、母は昔から二宮産と秦野産を食べていたそうでその方が好みらしい。

これは、愛媛県産キウイ。愛媛県はキウイの生産量日本一なのを今回初めて知りました。ものすごく甘くてみずみずしくて、先程の干し柿同様スイーツみたい!絶品でした。

母が、常連さんっぽい人と店主が話しているのを聞いたところ、「今年は明日まで~」とのことで、どうやら店主の男性は毎年、瑞泉寺付近でこうした絶品農産物を売っているみたいです。来年もし機会があれば、行ってみたいものです。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備している雑草ブログです。社会環境への言いたい放題、安全な食、倹約、旅など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]