ぺんぎんメモ

被害者叩きが蔓延する日本社会。弱者が弱者を叩く風土?

time 2018/12/27

日本で30年以上生きてきて最近思うのは、日本社会には弱者を袋叩きにする風土があることです。それはまるで、弱者であることが自己責任であるかのような感じです。

努力では解決できない弱者がいる現実を知らないのか?、弱者が社会の被害者であるにもかかわらず、「弱者にも落ち度がある」とか「弱者なのは努力が足りないだけ」的な認識をもつ人が、男女問わず多い印象を受けます。根性論がまかり通っている社会だからかもしれません…

例えば、女性が男性から様々な暴力を受けた場合、日本で必ず出てくるのが「被害者にも落ち度があった」的思想。「被害を受けた女性にも非があった」というのです。被害に遭った女性に対し、一般人だけでなく警察官までもがそうした発言をする訳ですから、もはや大半の男性がそう考えていてもおかしくありません。

それだけでなく、同性である女性の中にもそうした思想をもつ人が多いのには驚かされます…個人的には、男尊女卑のイスラム圏の思想に近いと感じていて、日本で女性の人権が確立されないのも、この辺りにヒントがあるのでは?と考えています。

他に「被害者叩き」で思いつくのが、イジメの被害者と加害者。イジメの被害者が多勢の加害者からヒドイ扱いを受けても、必ず出てくるのが「被害者にも落ち度や非があった」という意見。どう考えたって加害者達が悪いに決まっているのに、なぜか被害者が悪いとなる。イジメなんて陰湿低俗な暇人達がすることなのに、された方も悪いなんてこの世の終わり感満載…

あと、生活保護受給者に対するバッシングもそう。「働けるのに働かない人」みたいに一括りにして、「貧しい生活をしている方が悪い、努力不足」と批判する。努力ではどうにもできない生活困難な状況があるにもかかわらず、生活保護を受給させないようにしたり、生活保護受給者を国賊的に扱ったり…政府とグルの大手メディアも「生活保護=不正受給」みたいに報道したり…

さらに、ジャーナリストが無事に帰国できた際にもバッシング。最近もありましたが、救出され帰国したジャーナリストに対して日本の政治家をはじめとする大人達が、「税金の無駄使い」「自己責任だ」等と批判していました…
自国のジャーナリストを育てる気がなく、自国民を守ろうとする意識さえない訳です。

無事に帰国できたんだから「良かった」でいいのに。それより批判する先があるだろ!と思うのですが…なぜか弱者に向く矛先…疑問です。

でも、そうやって数百年前から日本国外へ出て行った日本人を、これまでも数多く切り捨ててきたんでしょうね…村から出て行った人を八分として切り捨てるように。もはや「日本国」じゃなくて「日本村」だ…

ジャーナリスト帰国の件でもう1つ気になったのが、「そういう危険なことは、外国のジャーナリストに任せておけばいい」という政治家の発言。こういう発言が当たり前に大手メディアに取り上げられる時点で、自ら「日本は植民地です」と言っているようなものでは?…何でもそうやって外注していると、あらゆる面で国内が空洞化していってしまいます…

そんな訳で、日本社会における批判の矛先は、強者でなく弱者に向かうようになっているようです。それが歴史的に構築されたものなのか、日本人のもつ性質によるものなのか、刷り込みなのか、その全部なのかは不明ですが、ともかく日本社会では弱者は守られない構造となっています。

つまり、「社会的弱者=努力不足」という一括括りで、「弱者でいる方が悪い」「努力で弱者から抜け出さないのが悪い」という思想が蔓延しているのが日本社会なのです。

「弱者に生まれたほうが悪い」ってめちゃくちゃな論理ですが、それがまかり通ってしまうなんて……日本は好きなのに日本社会が嫌いになる瞬間です。

コメント

  • 弱者であろうが強者であろうが怪しい物は叩かれると思うよ。

    by deefe €2018年12月28日 5:54 AM

    • 1人を袋叩きにして、血祭にあげることが多い気がするんですよね…
      その理由がいかにも前時代的なものだったり。
      それだけ他人のことを気にして生きる・生きなければならない人が多い証拠だと
      思いますが…でも実際、怪しい人は結構いると思います。

      by ぺんぎん €2018年12月28日 10:24 AM

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備している雑草ブログです。社会環境への言いたい放題、安全な食、倹約、旅など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]